SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

37年の経過を得て、再びのシーラカンス イラストが完成 !

2018.04.18 Wednesday

インド洋の西側に位置するマダカスカル島の北に浮かぶ小さな群島「コモロ諸島」で、1981年12月31日、人類史上初めて日本の学術調査隊が「 生きた化石 」と言われていたシーラカンスの生け捕りに成功し、さらに水中遊泳の映像撮影にも成功したというニュースは当時、世界中を驚かせた。

その調査隊より、何と不肖内田がシーラカンス遊泳のイラストと、解剖図のイラスト、

2点の制作を依頼されたのだった。学術会議に呼び出され、生きたシーラカンスの映像を見せられた時は、身震いが止まらなかった事を今でも覚えている。

そう、結果的に世界中の作家の中で、内田が実物ライブ資料を基に正確なシーラカンスを描くチャンスを与えられた最初の人間という事になった。あれから37年もの年月が経過したのだ。

今回は調査隊ではなく全く別の処からの依頼だったが、シーラカンスイラスト制作の経緯を説明したところ、唯々、驚いていたのだった。今回は宇宙空間を遊泳するシーラカンスの背景に、インド洋のコモロ諸島が入るアングルの地球を描き入れた。

他の絵を描きながらだったので、完成まで長い時間を要してしまったが、上記の様な経緯を持つ小生に、何んの情報も有していないはずの人物が、偶然とは言えどうして依頼することが出来たのか? 不思議だとしか言いようがない、、、、。

 

額のサイズは95×75cmほど、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

地元Endoさん、大見川での一匹・・・・・・

2018.04.14 Saturday

やや肌寒いとはいえ、久しぶりに風もなく薄曇りの穏やかな朝だった。朝6時、水温は15℃、アマゴがいつ飛び出して来ても全く不思議ではない条件下ではあったが、小生の投げたミノーには何の反応もないまま2時間が経過、土曜日の絵画教室には朝10時になると生徒が集まって来るので、今日は早上がりし帰路に就いた。それにしても本当にアマゴの気配が薄い、、、、、と、そんなところにEndoさんから今朝の画像が送られて来たのだった。今夜、夜半から明け方まで、かなりまとまった降雨と強風の天候となる模様、明日の日曜日は釣りになならない、、、、。

 

アマゴは銀化していたり、朱点やパーマークが鮮やかだったり、個体によっていろいろだが、この魚は背の黒点がやけに大きい25cm。欠損のない綺麗な魚です。

| 日記 | 16:42 | comments(2) | trackbacks(0) |

強風の中、試練の一日・・・・・・

2018.04.09 Monday

川の両岸の樹々が一日中ザワザワと揺れていた。今日も地元Endo さんと情報交換しながら風裏を探しながらの釣りとなった。しかし、解っていたとはいえこの強風、更に突風、おかげで狩野川でルアー投げてる奴は俺たち二人だけ!?、、、。

40歳を過ぎた頃、小雪降りしきる早春の九頭竜川に一日中立ち込んで、サクラマスを狙い続けたことが幾度かあったと、遠い記憶が蘇って来た、、、、、その時、暖を取るべく昼飯に転がり込んだ、とある食堂の壁には忘れようとしても、忘れることの出来ない「書」が掲げられていた。そう、そこには「人生に失敗はない!すべて試練である!」と記してあったのだった、、、、、。

強風対応でロッドは自らプロディユースしたTenRyu7,6ft「さつき鱒」、ラインは高速トゥィツチを想定し常時ナイロン8ポンドの通し、リールはツインパワーC3000HG、ミノーはリュウキ50S、お嬢様みたいな軟なタックルは強風の日は勝負にならない。大門橋下流のガンガン瀬でジージーとラインを引き出し楽しませてくれたグットコンディション虹41cm。なかなか姿を見せてくれない良型サツキマスへのうっぷん晴らしには最高の相手だった(苦笑。

一日中吹き荒れた強風がようやく弱まった時は午後5時を回っていた。が、今度は震えがくるような急激な冷気が襲ってきた。

風が止んだほんの一時のことだった、本流と大見川合流点でようやく本命27cmが姿を現してくれたが、決して嬉しいコンディションとは言えなかったのが残念。魚形が回復してくれることを祈りながら丁重にリリース。

| 日記 | 07:16 | comments(4) | trackbacks(0) |
| main | >>