SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

パリの個展、辞退して良かった・・・・・!?

2016.07.17 Sunday

〜ソルトワールド誌・連載第61話〜

話は前後するのだが、昨年4月、フランス・パリで《 日本現代美術展 》と銘打った展覧会が開かれ、50名ほどの作家の中に不肖内田も名を連ねたのだが、その展覧会を主宰した事務局より、今度は同じ会場で個展を開いて頂けませんか、、、、と言う打診と共に詳細な企画書と案内状が送られて来た。さらに先方の代表者より電話を頂き丁重なお誘いも受けた。もちろん前回と同じく外務省、通産省、文化庁などが後援するもので、一日本人作家として大変名誉なことであります、、、、という話。

 

そう、グラッ、、、と来るよね。著作活動をしている人間だったら誰だって、ニューヨークやパリに王手をかけることは、世界に王手をかけることなんだよ、、、、。

とは言え、メディアから伝わって来る現在のヨーロッパの状況を考えたら二の足を踏まざるを得ない、難民の問題が起因となりEUは大揺れだ。いろいろな立場の人々が何処かで連日の様に物騒な事件を引き起こし社会は混沌とし、最悪の場合テロに遭遇することだって完全否定できない、、、、、。

パリに詳しいある人物から『 内田さんはご存知ないと思いますが、今パリで一番売れている品物、何だか想像つきますか? そう、防弾チョッキですよ!! 何でもルイビトンの防弾チョッキが人気らしいよ、、、』 なんて真意のほどはともかく、嘘とも真実ともつかぬ物騒な話を聞かされ、そう、こんな状況下のもとパリでの展覧会は大きなリスクを伴うと判断、さらに現在進行中の大仕事もあって、少しばかり後ろ髪を引かれつつ、今回のお誘いを辞退した。南フランスのニースでトラック暴走事件が起きたのはその後の事だった、、、、、。

 

そして、そんな話に区切りをつけるまでもなく、今は魚100匹100枚を描く大仕事の折り返し点がやっと見えて来た処、来る日も来る日も絵筆を握る毎日が続いている。過ぎ去った時間は決して戻って来ない。そう、諸行無常の日々であります。

 

| 日記 | 02:30 | comments(4) | trackbacks(0) |

心の別天地へ一人旅・・・・・

2016.06.25 Saturday

一度、仕事から離れ、クールダウンが必要だった。

そう、今年も二泊三日で会津の旅に出かけた。

あの何処までも続く深い山並みの谷底を流れる川岸に立てるだけで良かった。

いつ訪ねても、変わることなく暖かく出迎えてくれる現地の人々との再会も、楽しみの一つなのです。

歳を重ねるごと、釣果を求める事だけが釣りの本質ではないと感じる様になっていた。

釣りを通し、あの、故、山本素石氏の様な旅をしてみたいのだ、、、。

釣りの旅とは心の旅路であり、人との出会いなのだと思っている。

 

大減水の阿賀川

水が少ない為、川石についた《ヌル》が落ちていない。一歩踏み出すたびに滑って転びそうになる。それでも綺麗なヤマメ君が姿を見せてくれた。

帰路、立ち寄った鬼怒川、何んと釣行直前にダムの底水がはき出され緑茶色に、、、、もう釣りを楽しめる流れではなくなっていた。

本流の流れは先年の大出水で大きく様変わり、、、。

それでも、川風に頬を撫でられながらの蕎麦、もつ煮込みにビール。

さあ、帰ったらまた魚のイラストが待っています、、、。

| 日記 | 08:08 | comments(2) | trackbacks(0) |

ひたすら魚を描く日々・・・・・

2016.06.10 Friday

ここ最近、ゆっくりと釣りをした記憶がほとんどない。
いや、釣りに行けなかった、、、と言った方が正しい。
気分転換にロッドを持って川に出掛けることも控えていた。
そう、アクシデントに遭遇するリスクを排除する必要があったのだ。
来る日も来る日も、ひたすらデスクに向かって魚を描いた。
そして、魚を100匹、100枚描くと言うオーダーのやっと半分近くを描き上げた。
先日、完成した作品と仕事の進行状況を把握する為、
依頼主をはじめスタッフの皆さんがわざわさ遠路、伊東まで出向いてくれた。

やっと一段落、折り返し点が見えて来たぞ、、、、。







 

| 日記 | 10:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
| main | >>