SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

PEラインの釣りよ・・・・・さようなら!

2017.01.05 Thursday

小生も今年の秋には古希を迎える。《 光陰矢の如し 》とは良く言ったもので、70年の人生などあっという間の出来事だった。そう、もうこの歳になると、四季の移ろいを愛でながら、ゆったりとした時間を過ごす、例えば最新鋭と言われる様な考えの釣りではなく、心の余裕、ゆとりを楽しむ様な釣りを目指したいと考える様になる。

そんな中、トライ&エラーと言えば良いのか、昨年一年間、ホームグラウンドの狩野川水系を始めとして、毎年遠征しているそれ以外の川でもPEラインをリールに巻き込んで新たな釣りのスタイルに取り組んでみたが結果から言うと、今年からまた、元のナイロンラインの釣りに戻そうと考えている、、、、、。

そう、当然ロッドもPE対応のロッドが販売される以前のものや、懐かしいグラスロッドを使用することにした。最近のロッドはティップだけがチョイと曲がり、あとは棒の様に硬い。そう、べランダに干した布団を叩くのに丁度いい様なブランクスが多いいのでは、といったら言い過ぎだろうか? 十人十色とは良く言ったもので、人それぞれなのにメーカーはなぜか直ぐに同じ方向に向いてしまう傾向が在り過ぎで、いやそればかりではない、釣り人も新しいコンセプトのものに対し、その中身が自身の釣りに良くも悪くも直ぐに反応してしまう様だ。

使用するミノーもそれ自体に自重があって、ボトムに沈んだミノーを連続的にトウィッチすることにより鋭角的な動きを演出する釣り方には、確かにPEラインが向いているのだろう。が、今年からミノーが流れの中を《 泳ぐ=スイムする 》フローティングミノー中心の釣りに戻そうと思う。ミノーが水中を《 泳ぐ 》のと《 動く 》のとでは全く異なるはずだ。

さらにキャストするごとに出るナイロンラインの《 遊び 》、いわゆる『糸ふけ』を如何になくすか、と言うこれは釣りのテクニックの中の非常に重要な部分であり、どの様にリールとロッドを操作すれば糸ふけをなくすことが出来るかという事で、其処にこそ、釣りの面白さと、大きな楽しみが潜んでいると考える。小生には長い時間を費やし今日まで、その事に習熟して来たという自負があるのです、、、、、。

 

懐かしいフェンウイックのグラスロッドと、PE対応のロッドが巷に出回る前、2009年発売のシマノのスピニングロッド。某業界人にお願いし、何んとか探しだしてもらった貴重な一竿。いずれもゆったりとした柔らかいキャストが可能。もうとっくに気がついていたのだが、ナイロンラインだとバレが少ないしティップが柔らかいので魚にも優しい! そう、極端にドラグを使わずとも柔らかいロッドが自然と魚を手元に運んで来てくれる。温故知新だ、、、、。

〜そんな訳で、今年もオールドアングラー魚絵師 内田進を宜しくお願い致します〜

 

| 日記 | 15:49 | comments(4) | trackbacks(0) |

使わなくなった道具たちを整理・・・・・・

2016.12.10 Saturday

先の両軸リールやルアーと同じく、使用しなくなった道具の整理に取り掛かりっている。若い頃の想い出のしみ込んだ道具だが、使い倒してこそ道具。IOSにメンテして頂いた際に、大変良い状態のリールだとお褒めの言葉を頂いた。ABUカーディナル44と3、古い44はパーツ取り換え用。欲しい方はメールにてご連絡下さい。

こちらハーディのプリンセス2台と、マーキス1台、プリンセスの替えスプール2つ

| 日記 | 10:58 | comments(2) | trackbacks(0) |

ソルトワールド誌11月発売号・連載・第63話

2016.11.24 Thursday

10月上旬、瞬間最大風速59Mという国内最大級の台風18号が久米島を直撃、島の電柱は折れ、屋根は吹き飛び、サトウキビは根こそぎ倒されてしまったというニュースを覚えている人もいるはず。丁度その一週間後、現在進行中の100枚の魚イラストの為、昨年に引き続き久米島に取材釣行。沖のパヤオを釣っていると、近くを流していた漁船のスカンパーが強風でへし折れるというアクシデント、、、、。

そんな船上での顛末記であります。書店で立ち読みでもして頂ければ嬉しい限りです。それにしても凄かった、、、。

 

| 日記 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
| main | >>