SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

天城山塊に430mmの記録的降雨

2019.05.24 Friday

屋久島を襲った豪雨が、その勢力を維持したまま21日(火)静岡県下を通過し東に抜けていった。低気圧は天城山塊に430mmの記録的大雨をもたらし、川の水位は2M上昇、久しぶりの出水となった。20日から鮎が解禁となったが棚ぼたの嬉しい雨に違いない。 極端な低水位で始まった今年の狩野川だったが、本流のルアー&フライの遊漁期間中まともな雨もなく、全く低調のまま本流はクローズ(山田川合流点より下流は7月31日まで遊漁可)となった。

 

ここ何年かで全く変わってしまった気候の推移、長い日照りが続いた後の突然の豪雨、、、、、間違いなく昔の様な穏やかな気候の移ろいの中での釣りが、出来なくなっている。

 

昨日(23日)の狩野川本流三段の瀬、遠景の橋は伊豆中央道大門橋。水が落ち着き始める時合で入渓すれば上流から落ちてきた良型のアマゴに出会えるチャンスがあるかもしれない。(画像は釣友Endo氏撮影)

| 日記 | 09:35 | comments(2) | trackbacks(0) |

GWも終わり、狩野川本流あと2週間弱でクローズ

2019.05.07 Tuesday

結果から言うと、GW当初に降った3日間の雨がやんだ翌日、やや水位が上昇した条件下でアマゴの活性が上がったのみで、あとは魚の気配を感知出来なかった。

で、連休最後の昨日、支流冷川に行ってチョコっとルアー投げると、減水した流れから直ぐに可愛いアマゴが一匹飛び出してきたが、少し痩せているのが気になった。

 

低水位のまま今年も5月19日をもって本流は禁漁だ(山田川合流点より下流は遊漁可)。本流遊漁規則の変更については先の要望書に記し、狩野川漁協に既に送付済みだ。この件に関しては、また機会を観て詳しく当ブログで報告していく。

 

なんだか痛々しい冷川のアマゴだった、、、、。

 

残り2週間余り、本流を攻めるんだったら酸素の多いい白泡の下以外は捨てるべき、冷たい泡の下でアマゴは肩を冷やしながらエサが流れて来るのを待っている。後はまとまった雨が降ってくれることを期待するしかない。

| 日記 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

狩野川に恵みの雨、水温19℃魚は全て瀬・・・・・・

2019.05.02 Thursday

GW前半は雨、そう嬉しい雨です。

手ぐすね引いて雨が止むのを待っていた。

で、狩野川にやっと少しだけ生気が戻って来たと言うべきか、、、、。

水温19℃、本流はやや濁り、魚は全て瀬から出た。

 

こんなガンガン瀬だけ攻めてみた。

Endoさんの自己新記録33cm、牧ノ郷の瀬にてやってくれました!

Endoさんおめでとう! すばらしいコンディションのアマゴ。完璧です!

小生の魚は31センチ、とりあえず納得。

| 日記 | 19:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
| main | >>