SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

低水位で推移の狩野川、アマゴの気配ほとんどなし!

2019.03.26 Tuesday

雨は降るべき時に降ってもらわないと困る。

低水位で解禁した今季の狩野川。

さらに今年は例年に比べ極端にアマゴの魚影が薄い。

と言うより魚の気配を感じない。

 

そう、魚どころか釣り人の姿もまばら、、、。

漁協の皆さん、これは狩野川の危機ではないでしょうか!

 

24日の日曜、地元Endoさんは厳しい条件下にも関わらず28cmをヒットさせた。ポイントは修善寺大橋下のプール、ミノー全盛の昨今だが彼はスプーンの釣りにこだわっている。そう、プールを狙う釣りなら低水位の影響をあまり受けない。

Endoさん曰く「内田さんの釣りは瀬に出ている魚をミノーで狙う釣りなので、暖かくなって魚の活性が上がらないと難しいのではないでしょうか?、、、」いやはや、ごもっともであります。

それどころか活性の上がる時期に入っても、まとまった雨も降らず、このまま低水位で推移したら瀬の釣り其のものが難しくなる。自然条件と言ってしまえばそれまでだが、今年の釣りは先が見えない、、、。

スプーンはチヌーク7gの金赤のシングルフック。修善寺大橋下の大プール、何処に立って何処をどう釣るかが問題、釣りは探求すればするだけ奥が深いのです。

 

 

| 日記 | 09:02 | comments(6) | trackbacks(0) |

狩野川本流はまだ眠ったままなのか?

2019.03.18 Monday

温暖な伊豆を流れる狩野川とはいえ、まだ3月半ば過ぎ。ウインドブレーカーを脱ぎたくなる様な陽が差し込んだかと思うと、一転、冷たい風が川面を吹き抜ける。そう、まだ一進一退の春と言うところか。

17日(日)、本流にはまだちらほらと釣り人の姿を見かける程度、牧ノ郷の染井吉野が散りだす頃からが狙い目なのだが、はたして良型の本流アマゴが姿を見せてくれるのか、、、そこが問題だ。

 

遠藤さんの一匹。春の釣りは難しいのだけれど川に立てば必ず結果を出す!

ミノー全盛の昨今だが、彼はスプーンの釣りにこだわっている。26cmの美形。

こちらは帰路、風が止んだ夕まずめの大見川でライズを発見! 竿抜けのポイントだったのかアマゴ23〜26cmが5匹、越年に違いない綺麗な魚体もあったが、放流と思われる魚も混じった、、、。

 

 

| 日記 | 11:23 | comments(4) | trackbacks(0) |

久しぶりの嬉しい雨が狩野川水系に・・・・・

2019.03.11 Monday

昨夜、11日未明まとまった雨が伊豆半島全域に降った。

雨量は60〜70mmほどだ。2月末頃から菜種梅雨の様な雨が時折降ってはいたものの、その雨は渇きに渇いている山野にしみ込んで、川の水位にはほとんど変化がなかった。が、今回の雨は違う! 

やっとこれで今年の渓流釣りが始まる恵みの雨と言いたいところだが、ここ4、5年ほど前からアマゴの魚影がめっきりと薄くなっている。と、溪に立つ誰もが感じているはずだ。ダムもなく理想的な一級河川だというのに、、、、、そう、狩野川漁協には「危機感をもって頂きたい!」と切に願っているのだ。

 

関係者の皆さん、アユ釣りもアマゴ釣りも新たなイノベーションを立ち上げる時期が来ています!、、、、、富士市方面に新たなルアーフライの河川もオープンし好評の様だし、さらに清水から山梨、長野方面に向かう高速道も来年開通予定だし、このままだと、狩野川に来る釣り人はどんどんいなくなりますよ!

 

水位の上昇した狩野川本流と大見川合流点。

川の画像はいずれも今日11日(月)、正午頃撮影。

濁った水が川幅いっぱいの牧ノ郷と大門橋下流の通称「中瀬」3段の瀬も水に没している。

大見川の畔で暮らす遠藤さんが大雨の前日釣った越年25cmの美形アマゴ。

今年初のアマゴ「遠藤さんおめでとう!」今年も情報、期待しています。

| 日記 | 16:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

松川湖無残!

2019.02.25 Monday

ただ絶句する以外にない!

湖上流部の人工林は誰が所有しているのか、その管理を怠った結果がこのありさまだ。さらに伊東市行政、ダムサイトの管理事務所、さらに静岡県は何処に目を付けているのだ! ほとんど雨らしい雨が降らなかったこの冬、ダムの水位が下がったことで改めて堆積した大量の土砂を目の当たりにし、絶句し言葉も出ない! この土砂をこのまま放置し続ければ、ダムは遠からず埋まる運命にある。 そう、日本中の河川に存在するダムはその規模の大小にかかわらず、間違いなく松川湖と同様の問題を抱えている。

 

遠景にダムサイト、画像奥にかろうじて水面が見えている。大量の土砂が堆積している部分、普段は湖底とは言えここまで埋まっているとは、、、、ひと昔前この湖がルアーフライの釣り場として賑わったことがあった。一時、その運営に関わりもしたが、イノベーションの意味すら理解しようとしない地元漁協の閉鎖的体質をまのあたりにし、手を引いた、、、、、。

松川湖上流部、植林されたまま間伐もされず放置された結果だ。川の流れの向こう側、土砂崩れが発生、杉は倒れたまま人手の入った痕跡もない。

台風やゲリラ豪雨などにより川の水位が増し、結果、杉林の根元の表土がえぐり取られ根が露出している。大水が出たら間違いなく杉は倒れる。

緑色の苔のついた杉の根元、幹の皮も剥げ落ち、もうすでに腐り始めている様だ!

間伐がされないまま放置され、立ち枯れた杉林。太陽の光が届かないため、下草も生えていない。これが人工林の現実の姿だ。

| 日記 | 12:09 | comments(4) | trackbacks(0) |

間もなく解禁を迎える、が、狩野川の水位は極端に低い。

2019.02.18 Monday

日本の森林率は国土面積の約70%と言われているが、何とそのうち40%が間伐もされず放置されたままの杉や檜の人工林だ。保水能力の極端に低い人工林は、ゲリラ豪雨や大型の台風に見舞われると、表土流出や土砂崩れを起こす原因となる。そう、今に始まった事ではないが、日本の川は至る処で少しづつ、ジワジワと埋まり始めている。内水面の釣り人はそれを敏感に感じ取っているのだ、、、、。

それでも雪の積もる日本海側は、春が来ると山のミネラルをたっぷりと含んだ雪解け水が、野山や田畑を潤し、ユキシロ水は川をリセットしてくれる。ユキシロの川は養分を運ぶ血管と同じだ。

東北地方は別として、そう遠くない将来、太平洋側の中部地方を流れる川のアマゴやイワナは、絶滅危惧種に近い存在になってしまうかもしれない、、、、、。

2月17日(日)昼頃、遠藤橋、上下流の水位状況。いつにも増し水が少ない。

古い話で恐縮だが、日本地図を作った伊能忠敬がこの遠藤橋のあたりを測量した記録が残っている。その当時は流れが強く、そこには渡し船が舫ってあったという。ウムッ、昔はいい川だったんだねぇ〜、、、。

| 日記 | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

NHK 朝の連続ドラマ『まんぷく』 ストーリーイラスト・・・・・

2019.02.10 Sunday

「まんぷく」が好評のようだ。

このドラマは世界で初めてインスタントラーメンを作ったことで、その名を広く知られている伝説の人物、日清食品(株)の創業者、安藤百福氏と仁子夫人の二人がそのラーメンを創り出すまでの話だ。

今から20年ほど前、その日清食品からラーメンが出来上がるまでのストーリーを10枚のイラストに描き起こして欲しいとの依頼を受け、大阪にある日清の本社に出向いた。そして、伝説の人物、安藤百福氏ご本人にお会いし、当時の苦労話を直接お話して頂く幸運に恵まれたことを、今でもはっきりと記憶している。

完成した10枚のイラスト原画は大阪、池田市の[ インスタントラーメン発明記念館 ]に現在も展示されている。イラストの内容はすべて安藤氏の記憶と記録に基づき忠実に再現することになったのだった。

 

記念館の完成に合わせ、出版された一冊。時代を追うごとに10枚のイラストも収録されている。

イラストレーターという職業についていると、著名な人々にお会いする機会が巡って来るのだ。そう、安藤氏の名刺は今でも大切に保存してあるのです。

戦争が終わった後、闇市の風景をイメージして描いたイラスト。

インスタントラーメンは試行錯誤を繰り返す中、奥様があげている天ぷらにヒントを得ることになるのだ。朝のドラマはいま丁度このあたりまで進んでいる、、、。

ラーメンが完成し、爆発的に売れ出した頃をイラストにした。ラーメンを買い付けに来た人々の服装やオート三輪など、時代考証を忠実に描いた。

アメリカに売り込みに出掛けた際、現地のアメリカ人がコーヒー用の紙コップに割ったラーメンを投げ入れ、それにお湯を注いで食べたのを見て、これがカップヌードルの発想の基となった。飛行機はJAL、スチュワーデスのコスチューム、安藤氏が座っているシートの柄も、すべて当時のものを忠実に再現し描いた。

| 日記 | 15:56 | comments(2) | trackbacks(0) |

中国での魚イラスト著作権問題について

2018.11.18 Sunday

先日、球体の作品で世界的アチーストと言われている草間彌生氏の名を悪用した展覧会が中国の6ヶ所で同時期に開かれているのが発覚し、当然、それらは直ぐに中止となったのだが、草間氏は「全ての芸術に対する重大な冒とくだ」とのコメントを出していた。

で、もう6年前の事なのだが、釣りエサの総合商社マルキユー社から依頼され内田が描いた魚イラストが、中国の釣り関係の会社や、団体が販売する商品のパッケージなどに、何と50点近くも不正に使用されていることが判明、直ちに著作権法にのっとりイラストの使用を差し止めるべく、中国の某エージエントを通し問題の解決にあたったのだが、逃げる!とぼける!居留守を使う ! など全く不誠実、不愉快極まりない態度にあきれ果てたのだった。

文化庁にも赴き魚イラストを内田の作品であるとの著作物登録も行ったことで、自動的に知的財産であるとの地位と権利も確保、が、問題は何一つ解決することのないまま、今日に至っている。

 

中国は経済大国であっても先進国ではない! 共産党が多面的情報を排除し続ける限り、西側文化圏の価値観を共有することは不可能だ。そう、世界の中で生き残りたければ、直ちに一党独裁の考え方を放棄するしかないと知るべきであろう。

 

ソルトワールド誌11月15日発売号、連載、第75話に経緯を詳細に記してあります。興味のある方ご一読ください。

当時、中国の釣り雑誌に「魚イラスト使用差し止めの意見広告」を毎号掲載した。

| 日記 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

豪雨去ったキャンプ・・・・・その2

2018.10.24 Wednesday

突然の天候激変となった2時間、ただただタープの下で雨雲が通り過ぎるのを待つしかなかった。その間、参加メンバーやキャンプサイト周りに何のアクシデントも発生せず安堵。豪雨をやり過ごした後は用意していた焚火を皆で囲んだ。そう、万が一の事を考え焚火用の樹々は濡れたりしない様にシートをかけておいたのだ。虚脱感というのか、ホッとしたのか皆押し黙ってたまま焚火を見つめているだけだった、、、、夜空に目をやると樹々の間から丸い月と幾つもの星が輝いて見えた。

確か曜日も変わった頃だったか、誰かが「腹がへったねぇ〜、そうまだ焼肉食べてないぞ!」という言葉をきっかけに、深夜にもかかわらず、突然の豪雨と雷のうっぷんを晴らすように、焚火近くで怒涛の焼肉パーティーが始まったのだ。そう、食う事に夢中でこの時の画像は何と一枚もないのです、、、。

 

設営から撤収まで協力してくれた皆さん、ありがとうございました! 来年は一区切り10回目となる大室キャンプ、それまで皆さんお元気で!

 

揺らめく炎、、、、至福の時空が流れていく。

一夜明けたキャンプサイト、昨晩の豪雨が嘘の様に晴れ渡っている、、、。

30キロのコシヒカリの新米持参で遠路新潟から参加のお三方。渡辺さんの奥様は人生初キャンプ、ぐったりとお疲れのご様子、、、、仁秀園さん、お米をいつもいつもありがとう! 渡辺さん越後の名酒、 感謝です! 有難く頂いた新米は雨の後で帰ってしまった仲間の皆さんにお分けしたいと思います。有難うございました。そして、お疲れさまでした。タープの下で朝寝をむさぼる新潟グループの皆さん(^_^)/

夜遅くまで焚火を囲んで焼肉パーティーのメンバーはまだ起きて来ない、、、。

で今度は青嶋ファミリーの番です。

 

 

 

 

 

| 日記 | 05:02 | comments(6) | trackbacks(0) |

突然の豪雨、そして雷鳴、凄いキャンプだった・・・・その1

2018.10.23 Tuesday

全く予想だにしなかった事だった、、、、、。

当日の伊豆地方の天気予報では降水確率0%! 翌日は全国的に晴れ! 偶然とは言え雨にたたられる事が多かったこのキャンプ。が、今回は間違いなく雨は降らない! 今度こそ大丈夫と参加する誰もがそう思っていたに違いない。そんな中、タープも張り終え、料理の下準備も完了、遠路からの参加者も無事到着しランタンに灯りがともり、さあこれから、、、、そんな時だった。

 

誰かが「アッ雨が、、、」と言った。よくあるにわか雨、直ぐ止むに違いないと最初はそう思っていた。が、予想に反し徐々にどころか、雷鳴と共に雨は急激に激しさを増し、瞬く間にタープを叩き付ける様な豪雨となった。そして、耳をつんざくような雷鳴が響き渡ったと同時に、極めて近距離に大音響とともに雷が落ちた!、、、。後で解った事だか我々のいる場所から100Mもない森の中に送電線の鉄塔があり、その避雷針に雷が落ちたと判明。

今までいろいろな所でキャンプをして来たが、今回の様な事は一度たりともなかった。日本中で多発している急激な天候の変化と言えばそれまでだが、ゲリラ豪雨にキャンプの真っただ中で遭遇する事になってしまったのだった。ああ、なんてこった、、、、。

 

青嶋家の春菜ちゃんに抱っこは内田家の孫の小都子です。

goo~さん直伝のもつ煮込みも何とか出来ました。

思わず真っ暗な空を見上げる。そう。キャンプサイトから極めて近距離に雷が落ちた瞬間!

医師である小川さんは冷静沈着、突然の出来事にも全く驚かない、、、、。

足元は雨でグチャグチャ、イスも濡れ、立ち飲み屋で飲んでるみたいだ。

二時間以上も続いた突然の豪雨だったが、徐々に雨も上がりはじめ雷鳴も遠のくと共に、タープの下は「ホッ、、、」とした空気に包まれていったのだった。

 

 

| 日記 | 01:28 | comments(2) | trackbacks(0) |

キャンプ場下見

2018.10.17 Wednesday

今朝、キャンプ場を下見して来た。

暑かった夏の影響か、いつもタープを張るあたりの下草が伸びていて、

グリーンカーペットを敷いた様だった。

そう、幕営には全く問題なく、かえって好都合!

当日、キャンプ場のゲートは正午には開門予定。

参加人数は今日現在で大人22名、子供5名を予定。

こりゃ、大キャンプだぞ、、、、。

早めに来れる方、幕営準備の手伝いをよろしくお願いします!

あと、差し入れ、、、期待しています!(^^♪

皆さん、気をつけてお越し下さい!

( 尚、テーブル、イス、ランタンを持参して頂けると助かります!)

 

いちばん奥のグリーンカーペット。

| 日記 | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
| main | >>