SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

暖かい雨を待っていた・・・・・

2016.03.20 Sunday

天城の雪を溶かす暖かい雨が、やっと降った、、、。
この雨を鶴首で待っていた。
午前9時過ぎ、狩野川本流は濁り加減で水位が増していた。
そう、今日の本流、フライよりもルアーの独壇場と診た。
今年最初のチャンスが巡って来たのだ、、、。
アマゴ君たちは淵からも、淵尻の駆け上がりからも、そして瀬からも、
元気に飛び出して来てくれた。

件の瀬は水位が上昇し期待を持たせてくれるに十分だった、、、。

本流育ちの銀化、尺には届かなかったけれど、今年最初の『 完璧 』

後はこんなのが7匹出た、、、。

| 日記 | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0) |

魚絵師さま、こんばんは。

ボクもチャンスと思い、午前中に本流に立っていました。ほどよく増水して期待をしたのですが、2時間半まったく反応がありませんでした。

魚絵師さま、流石の釣果です。

次は狩野川鱒に…出会えるといいなぁ…
桜の花が咲く頃、遡上魚に出会えますように…

| 小川 | 2016/03/21 10:02 PM |

小川 さま

おはようございます。

暖かい雨が一気に雪を溶かしてくれたようです。
が、まだ三寒四温のパターンから抜け出していないと読んでいます。
毎年、土手の染井吉野が咲いてからですね良くなるのは、、、。
もう少し待ちましょう。

| 魚絵師 | 2016/03/22 8:01 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108775
<< ソルトワールド誌・・・連載59話 | main | 伊豆の春ブリ・・・1匹 8kg! >>