SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

桜満開の下で・・・・・

2016.04.06 Wednesday

春に三日の晴れ間なし、、、、、とは良く言ったもの、
更に、今年は寒暖の差が激しく、暖かく安定した日が長続きしたことがない。
3月の解禁からそんな天候に振り回されてばかりで、
なかなか納得のいく釣りが出来なかったのだが、
今日、6日は四月に入って最初の晴天。
風もなく気温も上昇、日中を通し穏やかな日和となった。
早朝、かねてから狙っていたポイントに入渓、
水温13℃、朝陽が水面に射し込むまで静かに時合いの訪れを待っていた。


今年始めて納得のいく魚に出会えた、、31僂隆袷缶儀隋



土手の染井吉野は今、満開、、、。

 

| 日記 | 18:05 | comments(10) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
きれいな魚ですね。
しかも尺上とは羨ましいです。
私は久しぶりに銀ピカできれいな魚が撮れたので家族に見せたら、模様がないので写真の撮り方が悪いんじゃないのと言われヘコみました。(笑)

| Endo | 2016/04/06 7:32 PM |

Endo さま

狩野川のほとりで暮らしているEndoさんが、
良い魚を釣る確率が一番高いはずです!
バチバチのギン化を釣ってご家族の皆さんに其の価値を再認識させて下さい。
5月19日まで、コンディションの良い日はあの場所でルアーを投げてから出勤してください。(笑)

いつも貴重な情報ありがとうございます、感謝!

| 魚絵師 | 2016/04/06 9:01 PM |

ようやく伊豆も本来のコンディションになってきたようですね。
見事な銀ぴかです。
尾びれもいいですね、抵抗するシーンが目に浮かびます。
こちらは訳アリで2か月ほど釣りができませんが、
今日は近くの小渓で楽しんできました。
伊豆の釣りとは真逆ですが、まずまずのアマゴが出てくれました。
次は6月以降なので、伊豆は支流の釣りになりそうです。
また良い魚期待しています。

| カズ | 2016/04/06 10:19 PM |

カズ さま

2か月間も釣りが出来ないのは辛いですね、、、。
でも、考え様によってはまだシーズンは始まったばかり、これからです。
今年も充実した釣りをされることをお祈りいたします。
カズさんのブログはいつも拝見しております。
とにかく、画像が綺麗で楽しみなのです。
同じカメラなのに、どうして小生は上手く写せないんだろう?(苦笑

昨日の狩野川、仕事に一区切りつけ二週間ぶりでした。
土手の染井吉野が満開になると、いよいよ狩野川も本番に入ります。
お出掛けになるのを待っています。
ガイドはお任せください!

| 魚絵師 | 2016/04/07 7:04 AM |

魚絵師さま、こんにちは。

そして素晴らしい狩野川鱒…さすがの釣果ですね。素晴らしい!

4/6は仕事が早く終わるのがわかっていたので…稚鮎の放流もあり川はいい状況だろうと思い、ボクも16:30過ぎから下流で竿を振っていました。
沈黙が続き、マヅメはやや上流域へ移動。チビアマゴのバラシだけでした。

いいConditicionの狩野川鱒に会いたいですね…まだまだ修行が足りないようですが、桜の花を見ながらの狩野川鱒狙いはなかなかいいものでした。

| 小川 | 2016/04/07 7:39 AM |

小川 さま

おはようございます。
昨日はあんなに良い天気だったのに、今日は雨の後、強風の予報が出ています。
まさに、今年の天候のパターンそのものですね。
劇的に変化し過ぎで、以前はこんな事はなかったですね。
めまぐるしく変化する自然条件に大いなる不安を抱かざるを得ません、、、。

今度、お時間のある時に一緒に釣ってみませんか?
わたし仕事柄時間は自由になる方ですから、
ご連絡お待ちしております。
わたしのだけの狩野川、ご案内致します!

| 魚絵師 | 2016/04/07 9:23 AM |

良い♂ですね〜!今の時期このサイズだと、秋にはヨンマルかな?
元気に生き延びて、次の世代に繋いで貰いたいもんですね。

野良仕事に加えて町内会役員の雑事が覆い被さってきました。
今年と来年は思うようには行かないかも・・。仕方ないですね。
時間捻り出して出掛けようと思います。また宜しくです。

| goo~ | 2016/04/07 9:51 AM |

goo~ さま

画像で見るより体高のある良い♂でした。
上手い具合に下口のダメージの少ない処にフックが刺さっていたので、丁重に抜いてリリース出来ました。
左右と向きの違う画像を観て頂いても、傷の無いのが解ると思います。

今年はアユの遡上が遅く、また、一匹、一匹のサイズが大きいうえ、尚且つその数が少ないとの情報を得ています。
そう、何となくですが流れの中に魚のざわめき?、あるいは賑わい?、気配?、、、が足りない様な気がしているのです。

これからどう推移していくのか見守って行こうと思います。

| 魚絵師 | 2016/04/07 11:40 AM |

背中の盛り上がりと、尖った感じの頭と鰭・・本流ならではの大アマゴですね。水の中に騒めきが起こり始めるのはそろそろかなぁ〜?なんて期待しながら、次の週末あたりに訪れてみようと思います。天城の山々の山桜、山藤のほのかな薫り、稚鮎達の煌めき・・・今からとっても楽しみです。

| spoonist | 2016/04/10 11:07 PM |

Spoonist さま

この冬の駿河湾の水温が例年より高水温のまま推移し、海に下りた鮎の稚魚の成長に悪影響を与えたとの報告を専門家より得ています。
したがって稚鮎の遡上が少ないようです。

川には魚の「賑わい、、、」「精気」「活性」が感じられません。今年の狩野川は一口に言って難しい!
健闘を祈ります。

| 魚絵師 | 2016/04/11 9:11 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108778
<< 伊豆の春ブリ・・・1匹 8kg! | main | プールから瀬へ・・・・・ >>