SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

嬉しい知らせ・・・2016年5月14日、狩野川本流アマゴ

2016.05.16 Monday

話は昨年春に遡る、狩野川本流であるルアーマンから声を掛けられた。
「内田さんですよね、東京町田のSと言います。絵画教室では母がいつもお世話になっております。」
そう、Sさんの御母堂は伊東市在住で、小生が主宰する絵画教室の生徒の一人だったのだ。伊東で育ったS氏、仕事の関係で今はご家族と東京にお住まいで、時間が出来ると狩野川に通ってこられるとのこと、ひとしきり情報交換をし分かれ際に「これ釣れるから、、、。」といって小生はルアーを1個さしあげた。

そのSさんから嬉しい知らせが届いた。
『 5月14日、早朝、狩野川本流で36.5僂遼槊アマゴをキャッチしました! 体高のある良い魚体でした。ちなみに使用したルアーは、昨年内田さんから頂いたルアーです。迷いながら魚を探し続けようやく出会えた貴重な一尾でした。母共々今後も宜しくお願い致します、、、。』

今シーズン、不調が続いた本流ではあったがクローズ直前、雨後の増水が収まり始めた流れから貴重な一匹がもたらされた。狩野川の明日に繋がる一匹であると信じたい。納得のいく魚を追い続け、見事結果を出したSさんに心から敬意を表したいと思います。体高のある見事な♂の本流アマゴ(サツキマス)、魚体から判断すると、おそらく海には下らず河川で成長した個体と思われます。Sさん、オメデトウ!!


知らせを聞いた小生はと言うと、翌5月15日(日)は何と年一度、地域住民総出のイベント、町内を流れる川の大清掃が行われる当日、天候にも恵まれ早朝から行われた作業は午前中に無事終了。気温と共に水温も上昇し、緊張感の薄れた午後の狩野川に立ったのは3時を過ぎた時分だった、、、。

薫風と言っては生温か過ぎる川風に、魚の気配を感じ取ることが出来ず本流を諦め、またもや支流の木陰に潜り込んだのだった。で、そうだSさんにあの時プレゼントした同じミノーを使ってみようと、増水が収まりきっていない流れにキャストしてみると、普段、魚の気配すらない場所から可愛いアマゴちゃんがピョンピョンと飛び出して来て、気がついたら短時間で同サイズを7匹もリリースしていた。
夕まずめ狙いで本流に戻ったのはPM6時近くだったが、ここで納竿、、、天気予報によると、明17日、未明より伊豆にはかなりの雨量予報が出ている。そう、これが今シーズン狩野川本流のラストチャンスに違いない。

 

| 日記 | 07:05 | comments(2) | trackbacks(0) |

内田様

狩野川がルアー解禁となって何年かは魚との出会いが多く、素晴らしいフィールドがオープンしたと喜んでいました。
今回は幸運に恵まれましたが、近年は厳しくなったと感じています。
足で稼ごうと思っても水中からの反応が一向に無いという日も多々あります。
他の河川が盛期を迎える前にクローズなのでもう少しチャンスが広がればいいのですが。

| 町田S | 2016/05/16 10:51 PM |

町田S さま

夜半から降り出した雨も上がり空が明るくなって来ました。
狩野川のライブ画像には増水で水位が上昇した各所が映し出されています。
この水が丁度良い水位まで落ちるのは、おそらく19日頃かと思います。
城山から上流に今年最後のチャンスが巡って来ました。
川の恵みを誰もが等しく享受出来る日が来るよう、
微力ですが努力してまいります。
今後も宜しくお願い致します。

| 魚絵師 | 2016/05/17 11:17 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108783
<< S・W誌、連載と、POPEYE誌、表紙の人物イラスト | main | ひたすら魚を描く日々・・・・・ >>