SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

ソルトワールド誌、連載・第62話

2016.09.22 Thursday

北海道女満別に暮らす釣友T氏は、両親から受け継いだ広大な土地でジャガイモを栽培し、それだけで生計をたて家族を養っている。毎年秋になると、大きな段ボール箱いっぱいのジャガイモが送られて来て、大室のキャンプにもカレーの材料として使っていたのだ。今年ももう直ぐ北海道から秋の新ジャガが届くぞと、楽しみにしていたのだけれど、何んと、今回の度重なる台風の被害を受け収穫直前のジャガイモ畑のほとんどが、豪雨で流出した土砂に覆われ全滅してしまったらしい。

電話の向こう側のT氏に、どの様な言葉で語りかければよいのか、途方に暮れてしまった。彼は秋の収穫が一段落すると毎日毎日イトウを求め、晩秋の川岸に立つのを楽しみに生きて来ているはずだった、、、、。

 

毎年訪れている会津大川では上流部の大川ダムの放水量が通常、平均で毎秒20トン前後という値なのだが、今回の台風通過直後、最大放流時で毎秒900トンと言う仰天の数値が記録された。雨が降らなければ降らないで問題だが、降れば降った降り過ぎるとまた困る。持続可能な日々の暮らしに資することを前提とした受け入れ可能な変化であれば納得するしかないのだが、もう釣りが出来るか出来ないか、などと言うレベルではない。

俺たちの日本の自然は、一体どうなっちまうんだろうか、、、、、。

 

| 日記 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |










http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108788
<< 第7回、大室キャンプのお知らせ | main | いよいよキャンプ、そして沖縄取材 >>