SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

絶好の高水のはずなのだが・・・・・・

2017.04.17 Monday

例年なら川岸の染井吉野が満開になる頃からアマゴの気配に満ち、活発な魚影を確認できる様になるのだが、ここのところの降雨で何んとか水位も上昇し一安心という処か。狙いは3日前、清水在住のイトウ釣りの名手Oさんが、たっぷりと35僂ら先のサイズを手元まで寄せ取り逃がしたという件の瀬、朝一の所要を済ませその流れの前に車を停めたのは10時を回っていた。小生の狙いはその場所よりだいぶ下手の瀬だ、魚は二投目で出てくれたのだが、その後が続かない。午後になると何処かで工事をしているのか、それとも早くも始まっている田起しの影響なのか、本流に濁りが入って来てしまったのだった。ウムッ、困ったなぁ〜〜。

 

流れが開きになって下って行く白泡の瀬にフローティングミノーを通す。例えばロッドを高く掲げ、ハスルアーなどの軽めのスプーンをドリフトさせながら釣り下って行くのも面白い。

二投目で出たアマゴ。成魚放流された個体のヒレが回復し成長したものと思われる29僉

goo~さんが傷ついたウッド部分を綺麗に直してくれ、ネットも新しいものに交換してくれました。新品同様のネットに収まったアマゴ君も何となく嬉しそうじゃあありませんか?

こちらは前日、地元の遠藤さんが仕事帰りに大仁橋のたもとでヒットさせたアマゴ25僉N擇みっちりとしていて大変綺麗な一匹。赤色のランカースプーンを知っている人はかなりのベテランです。そう、小生がルアーを整理する際に持っていって頂いた中の一個。温故知新です。

| 日記 | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
釣れるスプーンを譲って頂き、ありがとうございました。スプーンは油断すると根掛かりするので難しいですがおもしろいですね。

瀬の釣りはレンジやコースが思うように流せなくてまだ試行錯誤中です。

| Endo | 2017/04/17 12:09 PM |

Endo さま

スプーンで白泡の瀬を釣るときは、自分の立ち位置より、やや下流にキャストします(ダウンクロス)。素早く糸ふけを取りラインを直線に張った状態にします。
ロッドチップは頭上に掲げ、ルアーを追う様に体の向きを徐々に動かしていきます。流し切ったらスプーンのロストを防ぐ為、素早くラインを巻き取ります。重いスプーンは使用不可です。5グラム位までの軽めのものを使用します。

スプーンの釣りはミノーより難しいですよ。
頑張ってください。

| 魚絵師 | 2017/04/17 2:14 PM |

魚絵師さま、こんにちは。

じつは…木曜日にバラしたのが悔しくて、私も朝マヅメのみ“あの瀬”を攻めてみました。
何も起こりませんでしたが、水量・水色ともに釣れる気配がしてなりませんでした。予定があったので、1時間半ほどで帰りました。
いつも釣れない私にとっては、今年が特に釣れないとは思いません。今日からの雨もさらにチャンスかと…そろそろ狩野川の女神が微笑んでくれそうな気がしています。

| 小川 | 2017/04/17 6:22 PM |

小川さま

おつかれさまです。
いつもの駐車ポイントに車を停めると、隣で畑をやっている叔父さんが、今朝、藤沢ナンバーの車が来て二人でひとしきり釣っていたけど、何も釣れずに帰って行った、、、と言っていました。

小川さんはその前に入渓していたのですね、、、。
どうやら、あそこは激戦区になって来た模様(汗

| 魚絵師 | 2017/04/17 7:08 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108806
<< 狩野川のアマゴは何処に行ったのか・・・・・・ | main | 山野を潤す大増水・・・・・・ >>