SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

こんなものなのか、と思うと悲しくなってくるね。

2017.04.24 Monday

何年か前、一年の間に放水路の水門を4回も開けることになったあの大出水以降、ガクンと魚が減少したという事はまだ記憶の中に鮮明に残っている。それ以外にも魚が少なくなっている要因はいろいろと考えられるけれど、魚が釣れないことに比例して釣り人も少なくなる。となると、川はあの天敵《鵜》の独壇場になる。釣り人の姿を発見しただけで、直ぐにどこかへ飛び去って行く憎き鵜に地団駄を踏んだことなど数えきれない。

地元に住んでいれば夜討ち朝駆けでなくても、なんなく朝一から川に立てるのだけれど、遠方から来てくれる釣り師の皆さんの事を考えると、出来る限りそれも控えているのだが、目指すアマゴが釣れなければ釣り人だって来なくなる。特に今年は何処のポイントもがら空き状態、、、、。

漁協も解禁に合わせた成魚放流と言う考えを転換し、稚魚放流を運営の主軸に据えて頂いた方が良いのでは、と考える次第です。

水も平水よりやや高め、水温も問題ない、けれど魚の気配がない。休憩をはさんで10時頃から4時過ぎまで立ち込んで、可愛いのが一匹釣れただけ寂しいね、、、、。

| 日記 | 11:17 | comments(4) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
今年は厳しいですね。

川鵜は見ると追っ払いたくなりますが、川鵜が全くいなくなったら、その川には魚もいないかもしれません。

| Endo | 2017/04/24 12:26 PM |

Endo さま

お世話になります。
体の痩せた鵜なんて見たことないね。
以前聞いた芦ノ湖漁協組合関係者の話ですが、調査したところ、なんと芦ノ湖では一日だけで30クラスのニジマスを鵜に5、6匹食べられてしまうそうです。
猟友会に依頼し、散弾銃で退治してもらいたいですね。

| 魚絵師 | 2017/04/24 1:29 PM |

魚絵師さま、こんばんは。

前回取り逃がした魚に会いたくて、今日も狩野川に…
まずは下流域からスタート。先日のポイントの前に2カ所…沈黙。
前回のポイントへ…Chaseすらない。もう1カ所に攻めてみましたが、何も起こりませんでした。
昼から希望園へ…

逃がした魚は大きい…狩野川本流、厳しいです。

| 小川 | 2017/04/27 8:44 PM |

小川 さま

お疲れさまでした。
それにしても残念でした。
逃がした魚は大きいですね、、、。

私、次回から攻め方を変えてみます。
ある釣り師の話がヒントになりました。

トライ&エラー!
良い答えが出るかどうか、今から楽しみです。

| 魚絵師 | 2017/04/27 9:47 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108808
<< 山野を潤す大増水・・・・・・ | main | 狩野川本流〜今年も低調なまま残すところ10日余り・・・・・ >>