SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

狩野川本流〜今年も低調なまま残すところ10日余り・・・・・

2017.05.07 Sunday

狩野川と目と鼻の先で暮らす遠藤さんは云った、、、、。

「川から直ぐの処に住んでいるのに足が向かないんですよ、、、、。」

「で、川に行ったとしても、何処でルアー投げればよいのかイメージがわかない。」

そう、遠藤さんのつぶやきは今年の狩野川を象徴しています。

釣っていて本流に魚の気配を感じられない。当然、釣り人の姿もまばら、となると何処のポイントに入っても、いやおうなしに、あの憎っくき鵜が、我がもの顔に潜りまくっている姿を目にせざるを得なくなる。やられ放題という悪循環、こうなったら猟友会に依頼し大々的な駆除をしてもらわないと釣りが成立しないと真剣に考えているこの頃。気がつけばあと10日余りで本流もクローズとなる。

 

遠藤さんは本流を捨て某支流へ転出、宝石の様な狩野川のアマゴに出会いました。そう、ホッと癒される一匹です。

小生はと言うと、本流の上流部に足を延してみました。つり橋から見渡す上下の流れには鵜の姿もなく、5月の新緑の中を素晴らしくクリアーな水が流れて、ここならばと大いに期待したのですが、一匹のアマゴすら姿を見ることが出来なかったのだった。そして、はたと気づいた、、、、そうかアマゴが居ないから鵜も居ない! 逆を言えば鵜の居る処にしかアマゴが居ないということだ! 何んてこった!!

GWの最終日、東京の杉本さんと一緒に釣り歩いた。氏は昨年、本流で38センチの素晴らしいアマゴを釣っていて、このブログでも紹介させて頂いた。都会の匂いを感じさせる大人のルアーマンと言うのか、、、、そう河原の紳士です。

私と釣った前日、杉本さんが本流で出会ったという29僉⇔匹さ体です。このクラスの魚影が極端に少ないのが大いに気になるところです。

最後は大見川の濁りの原因を突き止めるべく二人で上流部へ、ここまで登って来たのに川がまだ濁っているのが気になった。

この堰堤では狩野川の「種魚」ともいうべきアマゴを二尾ヒットさせ、丁重にリリースした。

小生には何とイワナが、、、イワナが居るのは知っているが、釣れても嬉しくない。

| 日記 | 17:19 | comments(4) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
先日の本流は空いていて、投げ放題だったですが出せませんでした。(苦笑)

杉本様、
ヒレピンの素晴らしいアマゴですね。
フィールドでお会いしましたらまた宜しくお願い致します。

| Endo | 2017/05/08 12:44 PM |

内田様
先日は、大変お世話になりました。
色々ポイントを案内していただきありがとうございました。
また、興味深い話が聞けて楽しい時間を過ごせました。
本流はもう少し水が出ると厳しい中でもある程度の反応が得られるのではないかと期待しています。
しかし、鵜にはまいりましたね。
下流はもちろん、あんなに上流まで大挙しているとは。あの先行者を何とかしないと釣りになりません。

遠藤様
厳しい状況といわれながらも綺麗な魚体と多くの出会いを果たされていて流石ですね。
遠藤さんとは以前、下流の橋のたもとでお会いし話をさせていただいたことがあります。
お見かけしたら声をかけさせていただきます。
よろしくお願いします。

| 杉本 | 2017/05/08 8:30 PM |

Endo さま

今年はいつにも増し、良くないですね。
青森県が食害で森林が荒廃してゆくのをくい止める為、鹿の全頭駆除を決めた事が先の新聞に掲載されていました。

鵜に対する対策も、本気になって考えて行く必要があると思います。事態は相当に深刻なのだと感じています。

| 魚絵師 | 2017/05/10 5:17 AM |

杉本 さま

お疲れ様でした。

大見川のあんな上流部の淵に、鵜が大挙して潜っているのを発見した時は、正直言って、驚き、腹が立つのを通り越し、ショックでした。

漁協はアユを守る為に鵜避けの糸を、川のあちこちに張り巡らせていますが、アマゴを守る対策は何もしていないですね。川の恵みを等しく享受できる対策と、仕組みを早急に考えて行かないと釣り文化の未来はないですね。

本流のクローズまであとわずかですが、
杉本さんの幸運をお祈りいたします。
伊東を訪れる際は、また時間と都合の許す限りご一緒致しましょう。

| 魚絵師 | 2017/05/10 5:34 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108809
<< こんなものなのか、と思うと悲しくなってくるね。 | main |