SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

快晴・灼熱の沖縄、久米島釣行取材・・・・・

2017.07.18 Tuesday

どうやら梅雨も明けた模様、、、、、。

諸事情で二か月ほどブログをお休みしていましていましたが、また、再開します。秋には古希を迎えますが心身ともいたって元気! 人間は健康が一番です。これも若い頃から渓流を歩き回っていたおかげだと感じています。ブログをお休みしていた間、ありがたいことにいろいろな方から「何か具合でも悪いんですか?、、、」なんてメールやお電話を頂きましたが、理由は簡単です。そう、昨年来、伊豆周辺には雨らしい雨も降らないばかりか、時たま支流を覗いては観るものの、釣りをしてみようという気が全く湧いてこない。とても釣りが出来る状況ではなく、結果から言えば低水位のまま伊豆の梅雨はとっくに開けていた様です。それにしても今年はひど過ぎる。気晴らしに出かけた会津も同様だった。そんな訳でアトリエで注文の絵を描いている方がまだまし。という訳であります。

しかし、この異常気象、、、何とかならんのかねぇ、、、、。

 

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

今回で3回目となる沖縄久米島釣行取材。前回、前々回は季節風や台風の影響をもろに受けてしまい、満足のいく取材が出来なかったのでしたが、三回目にしてようやく納得のいく写真が撮れました。『 釣る! 見る! 触る! 』の現場主義を自認する作家として、今回のプロジェクトオーナーS氏をはじめ、現地での取材に時間をやりくりし常に協力を惜しまないF氏、さらにI氏、そして、兼城港「第二太一丸」の方々など、取材協力して頂いたスタッフの皆さんに心から感謝致します。おかげで良い写真画像を沢山撮ることが出来ました。有難うございます!これで来春のフィッシングショー展示に向け、完成度の高い魚イラストを発表する環境がさらに整いました。では、灼熱の久米島画像です。

 

現地到着の翌朝、宿泊したホテルの部屋からの南シナ海、熱くなりそうだぁ、、、。

沖のパヤオへ向かって移動中は潮風がここ地位良い、、、。

久米島から20Kmほどの海域、な、なんと表面水温、30℃! 目指す魚は100メートル下、、、。

これが数え切れないほどドラマを生んでいる日本のソルトアングラー羨望の、久米島4番「パヤオ」。

いきなりオーナーS氏のロッドがグワァ〜ンとひん曲がった、、、、。

キハダのグットサイズが、、、奈落から水面に浮いてきた瞬間の色彩が実に素晴らしいんだよ。

S君、魚のタナまで落とし込んで直ぐにヒット!

魚イラスト制作プロジェクトのスタッフS君、久米島まで来たかいがありました。

第二太一丸の若き跡取り渡慶次太一氏、いい男なんだこれが、、、、。

太一氏の御父上、沖縄の海で生き抜いてきた男の年輪がにじみ出ています。町で生まれ町で育った人間とは全く異なるオーラが全身を包んでいる。奥深い眼差し、そして終始穏やかな語り口、どこかの国の軽薄な政治家とは人間の資質、レベルが違うんだよね。

描いたメバチマグロのイラストをTシャツにした試作品、良いでしょ!

久米島名物ボリューム満点「ばくだん」沖に出るときはこれに限ります。

夜は釣ったキハダやカツオの刺身や寿司です、神経ジメだから味は絶品!

沖から帰って、仕事のスタッフみんなで定番の宴会が始まります。好きな釣りして、好きな魚の絵を描いて暮らしていけるなんて、内田さんがうらやましいよ、、、なんてよく言われますが、好きなことをして生きていく為には、人一倍の努力が必要なんでござんすよ皆さん!、、、努力してますかぁ〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

ブログ拝見致しました。
読んでいたら、こちらまでワクワクして参りました。
現場の感動が伝わってきます。
絵になるのが楽しみです。
フィッシングショーではブースに伺いたいと思います。

| 櫻井 | 2017/07/20 3:08 PM |

櫻井 さま

一枚のイラストが完成するまでには、絵に対し真摯に向き合うことが大切なのですが、いろいろな立場の人たちからの情報や協力があってこそなのだと実感じています。感謝することを忘れてはなりません。

また、櫻井さんと仕事が出来るといいですね。
来春、フィッシングショーでお待ちしています。

| 魚絵師 | 2017/07/20 9:10 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108811
<< 狩野川本流〜今年も低調なまま残すところ10日余り・・・・・ | main | 日本の自然はどうなる?・・・・・ソルトワールド誌・連載 >>