SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

地元Endo さんと二人、情報交換しながら・・・・・・

2018.04.02 Monday

日曜日、Endoさんは狩野川を横目に、早朝から田んぼの田起し、一方、こちらは釣り人も少ないので、ゆっくりと家を出て川についたのは11時近かった。今日は昨日のメソッドの確認と、さらに新たなハウツーを試す予定。

釣りの面白さとは、一口に言えば「トライ&エラー」の繰り返しの先に何が見えて来るのかが全て。釣り支度をしているとEndoさんからの電話、彼は早くも田んぼの作業を終え、下流域の大門橋あたりでロッドを振り始めているとのこと。合流は午後遅めにし情報交換しながら二手に分かれ釣り開始。

昨日30cmが出たポイントは最後にEndoさんとやることにし、まだ今年入渓していない別の場所を探訪したが全く音さたなしで、気が付くと時間も午後3時を回っていた。で、先日、茅ケ崎のフライマンと出会った大見川合流点に入渓、ここで考えていたメソッドを試した結果、何と短時間で3回のチェイス! さらに昨日の攻め方で1匹、、、目から鱗の時間がアッという間に過ぎると、流れは静まり返った。ウムッ、偶然かもしれないけれど、こりゃあいけるかも知れない。釣りとは実に奥が深い、古希を過ぎてもまだ新らたな発見があるというのか!、、、、次回が楽しみになってきたぞ。

 

夕まずめ、Endoさんと例のポイントに入ってみたが、昨日一人で「ひっかき回したせいもあってか、、、、」流れは沈黙したままだった(汗) それより、しばらくの間、雨が一滴も降っていない。もうそろそろ良いまとまった雨が欲しいところだ。川にアマゴの魚影が少ないなんて文句を言ってみても、ただ自分が不愉快になるだけで何にも始まらない、漁協を相手にしても時間の無駄。そう、自分の釣りを信じ楽しい時間を過ごすことに価値感を見出そう!

そうなんだ、別の視点から言えば、魚が釣れないこともあって釣り人が少ないのでポイントは好きな処を選び放題! だから遠慮なしに納得出来るまでいろいろなハウツーを試せる面白さがあるし、放流魚が少ない分釣れる魚の一匹の価値が高いのだ。ものは考えようで、腕を磨くいいチャンスでござんすよ諸君!

 

Endoさんの魚、この日3匹かけたうち一番綺麗なアマゴとのこと、氏は釣りに比例し写真の腕前もグウ〜ンと上げた様子、油断ならないぞ。

小生のアマゴは鱗が取れてしまった。ちょっと反省、、、。

| 日記 | 15:43 | comments(2) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
昨日はご指導ありがとうございました。
視点を変えると釣れそうな気がしてきました。

おっしゃる通り、昨日は朝7時から3時間で田おこしを終わりにして川へ直行、その後は一級ポイントが遊び放題で楽しめました。

少し違うのは3匹かけたではなく、バイトが3回です(笑)。

| Endo | 2018/04/02 8:50 PM |

Endo さま

昨日は田起こし、釣りと、ご苦労様でした(笑。
ものは考えようで、いつでも好きな様にどんなポイントにも入れると思うと、気持ちに余裕が生まれますね。
問題は次の雨が通り過ぎた後です。面白いはずだよ〜ッ!
例のメソッドもその余裕から生まれたものですね。
是非、試してみてください。
タックル、ライン、ルアー、その他の点検をお忘れなきように。
幸運をお祈りしています!

| 魚絵師 | 2018/04/02 9:33 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108825
<< 晴天続きなので狙い方を変えてみた・・・・・・ | main | 次の雨が降るまでの間はイラストを描いている。 >>