SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

5月19日を迎え、狩野川の遊漁規則に一言・・・・・・

2018.05.24 Thursday

今年の狩野川は3月の解禁当初から、理想的ともいえる水位を維持したまま今日現在に至り、5月20日、アユ釣りの解禁を迎えたのだが、そのオトリにいきなり良型のアマゴが掛かった、、、、と言う話があちこちから聞こえてきた。

そう、例年本流のルアーフライがクローズ(山田川より下流は7月末日までルアーフライ可)する時期になると、ようやくグットサイズのアマゴやサツキが姿を見せる様になるのだ。ルアーフライマンにとっては、まさにこれからと言う矢先の本流明け渡しとなる。アマゴ、ニジマスの年券を毎年購入しているのだが、果たして「年券」と言えるものなのか大いに疑問を感じる。

確か2007年、狩野川は全河川でルアーフライの遊漁(9月末日まで)を認可した経緯があると記憶しているのだが、同年、大見川でアユ釣り師とルアーマンとの間にトラブルが発生し、警察が出動するという不幸な事件となり、それ以降、狩野川は現行の遊漁規則に変更され現在に至っていると聞き及んでいる。

この問題の本質は、どちらが悪いか白黒をつければそれで解決という事ではなく、釣りを通し一個の人間として、いかに紳士に、そして真摯に対応すべきかという事が問われているのであり、さらに民主社会を構成する一員としてのモラルが問われた教訓となる出来事であったと考えたい。

ブランドリバー狩野川のアユにとどまることなく、アマゴやサツキマスも伊豆の山野を基とした豊かな自然のシンボルなんだという事を深く認識すると同時に、川は皆のものであり、それぞれ一人一人の釣り人が、お互いの立場を尊重しマナーを守り、川の恵みを等しく享受し合える日が来ることを切に願っているのです。

 

本流クローズ間際、Endoさんの28cmと杉本さんの32cm。

| 日記 | 09:39 | comments(6) | trackbacks(0) |

内田様
お世話になっております。
今年もあっという間に本流クローズとなってしまいました。
他の河川では鮎師もルアーマンもうまくやっていると思うのですが・・・
人としての相手への思いやりは釣りに限らず大切だと思います。
それにしても、数年前に比べて狩野川の状況はだいぶ変わったように感じます。
以前は、魚を探すのにこれほどの苦労はなかったと思います。
さらに、鵜が相当増えていて入渓する所々で姿を見るとため息が出てしまいます。

| 杉本 | 2018/05/24 10:27 PM |

魚絵師様、
去年は水が無くて厳しかったですが、今年は水量が多く良いコンディションなのでもう少し投げたいです。

杉本様、
先日お会いした時に気が付かず、申し訳ありませんでした。次回お会いした際には宜しくお願いします。

| Endo | 2018/05/25 1:00 PM |

杉本 さま

今年の川のコンディションは今までで最も良かったのでは、と感じています。
けれども、目指す魚がいない!! 本当にいない!!!
これだけ魚影が薄いとは、
ある意味で失望の川と言っても言い過ぎではないです。
来年に向け、狩野川漁協に言いたいことが山ほどあります。
山ほど、、、、。

| 魚絵師 | 2018/05/25 3:03 PM |

Endo さま
今年も遠藤さんから、多くのライブ情報を頂きました。
ありがとうございます!! 感謝です!!
しかし、これだけ魚が少ないと、川に立ち込んでいるだけで修業ですね。
しかしながら、ご貴殿は腕を上げました!!

今後も貴重な現場情報をお願い致します。
現在の遊漁規則がいかに不条理なものか、
これは完全なる差別です。

| 魚絵師 | 2018/05/25 3:17 PM |

ご無沙汰しております。
ようやく山葵仕事が終わりましたが、自然相手の難しさ、自分の無力さを知らされた5月でした。暫くはクールダウン、疲れを抜く期間です。
さて、今年の狩野川は一度だけのFF出釣でしたが、再度の釣行は考えられない程、本流の空き家感は強烈でしたね。ミノーの釣りは一昨年のイレギュラーなシーズンを除いて、ドンドン釣れない川、魚っ気がない川になってる気がします。FFではもう、通おうとは、私は思いませんよ。
狩野川以外の県内の川や、山梨・長野・岐阜の時折訪ねる川も問題はいっぱいある(殊に南ア・・)けど、「大いなる里川!」たる狩野川の現状は心底落胆させられるものです。
静岡に住むアングラー達が胸を張って誇れる大河が、一本ぐらい欲しいじゃありませんか。稚魚放流から育った健康なパツパツ・ボディのアマゴを秋まで狙える、狩野川はそんな川であって欲しいと切に願います(・・って、戯言なんだろうなぁ)

| goo~ | 2018/05/26 12:10 PM |

ご無沙汰です。
人間を相手にするより、自然と向き合う仕事の方が難しいですね。
どこかの温泉にでもどっぷりと浸って一息つくのもよろしいのではないでしょうか、私は昨日、一泊の鬼怒川釣行から戻ってきましたが、釣りが終わって、例の「湯船」の源泉かけ流しに疲れた体を浸してきました。
狩野川は「アマゴが釣れなくても、アユが釣れればそれで良い」なんて思っている人が、地元に結構いるんじゃあないかな、、、、なぜってオトリ釣り発祥の川であり、アユのブランドリバーだから、、、、と言う歴史を隠れ蓑にして。
が、プライドだけが残っていて、その実、川の状態は決して自慢できるものでもないのに。

| 魚絵師 | 2018/05/28 3:26 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108834
<< マス釣りの聖地、奥日光・丸沼解禁を釣る | main | 今年も鬼怒川の渓谷へ降り立つ・・・・・・ >>