SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

今年も鬼怒川の渓谷へ降り立つ・・・・・・

2018.05.29 Tuesday

鬼怒川というと思い浮かぶのはたいていドーンと開けた河原だろう。そこにはドデカイ山女魚がいる事も、もちろん先刻承知だ。が、そんな開けた場所より、この緑深い渓谷美に満ちた谷底の岩をはむ流れの前に立ちたいという願望の方が強い。

そう、その場所にたどり着くまでの全てがストーリーなのだ。時にザイルを使い険悪な足場に注意しながら、木付き草付きの急斜面を一歩一歩下っていくと、突然視界が開け清冽な流れが眼の前に飛び込んでくる。額には薄っすらと汗が滲んでいる。また今年もこの谷底の流れの中に棲んでいる魚に会いに来た。

実はこの川のある処に、そこでしか観ることのできないブルーバックといえばよいのか、背全体がうっすらと青みががったヤマメが釣れる場所が一ヶ所だけあるのだ。何と幸運なことに今回、鬼怒川初釣行のEndo さんと、そして小生と一匹づつ、その魚体を現認出来たのだ、、、、。

ライン下りの観光客は、どうやってこの河原に降り立ったのか、なぜこんな処に釣り人がいるのかって思っているに違いないね。

増水時はこの岩盤の上を滝の様に水が流れる! 今回は運良く水が少ないので助かった。そう桃源郷の入り口の様な入渓ルートだ。

毎回、ニジの大物が必ずその姿を見せてくれる場所、ライン8ポンドをいとも簡単に切られ、10に変えたら今度はフックを伸ばされた。その出来事の一部始終をEndoさんに観られ、もう笑うしかない。毎年毎年、同じことの繰り返しだ、、、、、。

これは先年のニジ、、、、これでも小さい方なのです。

可愛いのがヒットしたのをEndoさんに観られてしまった。

鬼怒川に初お目見えのEndoさん、狩野川みたいに簡単にはいかないよォ〜ッ!

それでもEndoさんのがやってくれました。50cmのニジマス、で、画像はこれ一枚だけ、アッという間に逃げていった。

これが、とあるポイントでしか釣れない背がブルーががったヤマメ、背の黒点が異常に大きく、また数が少ない。生息している環境で偶然そうなるのか、それともDNAか、画像よりも実際の個体の方がはるかに青みが強い。何時までも人知れず生きていてくれるのだろうか、、、、姿を見たい! いやもう釣ってはならない! どうすりゃいいんだよ、、、、。

と思えば、こんなヤマメも、こちらは頭から背にかけて小さな黒点が異常に多いい。魚を描くことを仕事にしている小生にとっても、ここは不可思議な場所だ。そう、釣りをしていると、何か「ゾーン」の様な未知の領域に入り込んでしまったのではないか、そんな不思議な感覚に包まれることが稀にある。今回もそうだったのか? 

 

 

| 日記 | 17:25 | comments(14) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
今回は色々お世話になり本当にありがとうございました。グーグルマップの航空写真を見たら茶色の水でしたので今回は天気も良く水も奇麗で良かったと感じました。こんなに奇麗なマスやヤマメが釣れるなんて鬼怒川はヤバイです(中学生風)。

| Endo | 2018/05/30 10:08 PM |

魚絵師様

最期の写真の魚はニジマスの幼魚と思われます。
(尾びれにもたくさん黒点がありますので。。)

| おせっかい | 2018/05/31 12:04 AM |

Endo さま
小佐越の川原で出合ったあの地元の中学生、、、。
俺たちの見ている前でニジマスを釣った時の喜びようったらなかったね。
翌日、偶然出会った時に、ミノーを少しあげたら、箱に入っている未使用のミノーを指さし、これが欲しいって、可愛かったなぁ〜、、、、。

しかし、ひと昔前、あれだけいたヤマメの姿がめっきり少なくなったのが気になりますね。伊豆も、会津もヤマメや、アマゴよりニジマスが増えている事を実感しています。

また、ロッドをもって何処かの川に旅をしましょう!
そう、今度は急な斜面を下りなくてもいい処に(笑

| 魚絵師 | 2018/05/31 7:05 AM |

おせっかい さま

おせっかい
ありがとう!
一から勉強し直します!

| 魚絵師 | 2018/05/31 7:09 AM |

師匠!!お元気そうなお姿流石です!!
まさにこの時、東の愛弟子の一人である佐〇木と自分の親友が同じポイントに入って居たとは。。。
師匠が二日目もあのポイントに入って居たら。。。

河原でバッタリ同窓会(笑)

なににつけ、良い釣りが出来たようでなによりです!
是非、今度はご一緒させて下さいね ^^)

笑い通しで釣りにならないかもですが覚悟して下さい(笑)

江戸の弟子

| 江戸の弟子 | 2018/05/31 7:01 PM |

お江戸のお弟子 さま

兄貴とどこかですれ違っていますね!
きっと。
利根川の釣りは、先ほどの話の日時、仮押さえで如何でしょうか❓

| 魚絵師 | 2018/06/01 10:31 PM |

内田様
ご無沙汰しております。鬼怒川にいらっしゃたんですね。渇水、ネイティブの活性化とベストタイミングだったかと思います。半年前から餌釣りを封印しルアーを始め鬼怒川をホームグラウンドにしてます。レインボーは60も出てますが、ヤマメは尺すら話を聞きません。高徳堰堤より下流は別ですが・・。そのうちご一緒出来れば幸いです。まだ小学生レベルですが・・・。小山市 渡辺

| 渡辺 | 2018/06/03 7:55 AM |

渡辺 さま
こちらこそご無沙汰です。
今から30年近く前、鬼怒川ライン下りの渓谷の中で40cmを超えるヤマメがよく釣れました。温泉街の中を流れる川なので敬遠されていた為、魚が手つかずで育っていたのです。が、その当時、あの地域の漁業組合長だった故金井氏は旅館やホテルから出る排水を一括して集め浄化し、鬼怒川へ戻す処理場建設を行政に働きかけ、それを実現させたのでした。
金井氏は処理場が完成する前までは「ライン下りのコースは垂れ流しのどぶ川だった!」と、言っていました。
私が取材釣行で知り合った頃は既に処理場は完成していましたが、まだ汚れた川のイメージが残っていて、あの渓谷に釣師の姿はほとんど見当らず、川は綺麗になったのに、釣り券が売れないと嘆いていました。おかげて当時はいい思いを沢山させてもらっていました。丁度、ルアーフィッシングの本流釣りが注目され始めた頃で、谷に降り立つルートは全て金井氏から教えて頂いたのです。
当時の釣り雑誌の編集部からは、鬼怒川の事を記事に書いて下さいと、何度も、何度も要請されましたが、一度も書きませんでした、、、。

もう、ほとんど鬼怒川にはいかなくなりましたが、あれほどいた大山女魚が姿を消し、いつの間にかニジマスが数多く釣れる川に変貌していてるのが、ある意味、残念でなりません。

| 魚絵師 | 2018/06/03 2:41 PM |

魚絵師様、
あの美しい流れにもいろいろな過去があったのですね。いつまでも釣りが楽しめるフィールドであってほしいと思います。

| Endo | 2018/06/03 8:57 PM |

渡辺 さま、Endo さま
釣り雑誌に記事を書くと、それを観た読者が鬼怒川に来るようになります。あの渓谷です、ライン下りの出発点以外、入渓点が解り難いので無理をして谷に降りようとすると、事故が起きる確率が高くなります。いろいろな意味で公にするのを躊躇する釣り場がかなりあるのでは、と感じています。

最近の大見川を観るたび、生活排水で汚れていたという昔の鬼怒川の事を思い出します。金井さんの様な志の高い人物が地元に現れて欲しいものですねEndoさん、、、、。

| 魚絵師 | 2018/06/04 9:52 AM |

内田 さま
 おっしゃる通りだと思います。上州屋白川店の釣り情報では3名でロープを使って降りています。漁協の小野田支部長はよく存じておりますので、ヤマメの放流や入渓路の整備など訴えていきたいと思います。facebookでの情報公開と共有、そして啓蒙活動などが有用ではと思っています。鬼怒川で産湯を浸かった者として過去の歴史をお聞きし、やる気が湧いてきました。
小山市 渡辺

| 渡辺 | 2018/06/04 11:11 AM |

渡辺 さま
小野田さんとは、川治の小野田栄二氏の事でしょか?
それでしたらよく存じ上げております。最近は連絡を取り合っていませんが、実はキャッチ&リリース区間が設定されるときに記念のイラストの制作を依頼されたことがあります。魚の放流はニジマスではなく山女魚の稚魚を放流して頂ければ、やがてそれが人を寄せ付けないあの渓谷に下り、大きく成長します。
金井さんはそうしておられました。とお伝えください。

| 魚絵師 | 2018/06/04 2:16 PM |

内田 様
 その通りです。今年知り合いました。放流のお手伝いをする約束をしたり、facebookのモデルになったりしました。また、ヤマメを放流するように働きかけ4月16日に50kg放流してもらいました。成魚でしたが。今後更に鬼ヤマメ(ヒレピン大ヤマメ)がブランドになることを訴え、稚魚放流の働きかけをしていきたいと思っています。
小山市 渡辺

| 渡辺 | 2018/06/06 9:41 AM |

渡辺 さま

ヤマメの稚魚放流を何年も継続して続けることが大事ですね。
何年かすると、効果が眼に見えて来るようになります。
もともと生息していたヤマメの川を取り戻してください。

| 魚絵師 | 2018/06/07 2:08 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108835
<< 5月19日を迎え、狩野川の遊漁規則に一言・・・・・・ | main | 大減水の利根川本流を釣る・・・・・・ >>