SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

大減水の利根川本流を釣る・・・・・・

2018.06.19 Tuesday

毎年6月の中旬、ダムの放水が絞られると利根川本流は背丈ほどもあった水が一気に落ち、歩いて対岸に渡れるほどの水位になる。

その水の落ち際、ヤマメが面白いように釣れる。あくまでも「落ち際!、、、」と、川から3分の所に住んでいるという地元本流釣師が教えてくれた。それが何時なのか、地元に住んでいれば、そのタイミングでロッドを抱いて川にすっ飛んでいけば良いのだが、、、、。

で、東京在住の頃は利根川のほとりにある松居釣具店さんから、川の水が引き始めると、いつも連絡が来ることになっていたのだ。 ある時、アラスカ釣行から戻ったその日に、何と件の釣具屋さんから「内田さん、つい今しがた川の水が引き始めました! 釣りをするなら今ですよ!」 と電話がかかって来た。 翌日、時差ボケの体で関越道をカッ飛び大減水の利根川の岸辺に立ったのは言うまでもないのだが、足を滑らせ膝位の水深の流れにダイブ、、、、そう、流れの中にへたり込んで一人でヘラヘラと笑ってしまったのだった。

で、今回、伊豆に越してから17,8年ぶりの利根川。事前情報で利根川は釣行3日前に減水が始まり、水位が落ちた状態で安定し始めているとの事、東京在住の釣友2人と現地で合流、一泊二日の釣りの旅が始まったのだった。

 

手前の石の横線が普段の水位跡、軽く1M以上の減水。

流の中の大岩も普段は水中、、、、ここに魚が居なけりやあ何処にいるんだと言いたくなるポイント。で、狙いどうりにいいサイズが出たけど足元が滑って、、、、。

テラスの様になっている足元も普段は水の中。小さなスプーンを操るS氏、減水の川にとても有効と診た。

あんな場所まで普段は入っていけない、対岸に渡れてしまう深さだ。

若い頃は三社祭で毎年神輿を担いでいた東京下町在住のK氏、体が大きいので尺近いヤマメも小さくなっちやうぜ。

やっぱりヤマメはいいなァ〜〜。

今回出たヤマメは、ほとんどが尺に少し足りないサイズばかりだったが、伊豆の川も先の鬼怒川も、さらに会津阿賀川もニジマスが増え、アマゴもヤマメも魚影が薄いのに比べ、利根川はしっかりとヤマメの川だったので何だかホットした気分になれた。今回は阪東橋近辺の大物狙いではなく、綾戸ダムから下流を狙ってみた。それにしても水の引いた河原の石にはヌルがベットリで非常に危険な遡行だった。油断すると大怪我となってしまうので十二分な注意が必要と感じた。

対岸の白い部分は普段は水中。ここでヤマメ二匹、イワナ一匹が出た。このポイント今回、最も雰囲気のある場所と診た。減水時より平水の方がかえっていい結果が出るかもしれない。小雨の降るような夕まずめ、あるいは夜の明けきらない早朝だったら、、、、何かが起こるかもしれない。

| 日記 | 16:01 | comments(4) | trackbacks(0) |

二日間お疲れ様でした!!
そして最終日のレクチャーありがとうございました!!

馴染みのある鬼怒川とは全く違った今回の利根川釣行
とても新鮮な気持ちで挑めた二日間でした。
同時に寝起きを共にする事でゆったりとした語らいの場を
持てた事、なんと言ってもあの内田進を貸し切り状態と
勝手に思い込んでる馬鹿二人は感謝しきりです(笑)

利根川のヤマメの姿は心なしか精悍で何処となくワイルドでしたね。

しかし良く釣り、良く笑い、良く食べた最高の二日間を
改めて振り返ってみると。。。

 ・ 気力は体力=内田 進

この公式が成り立つ事を思い知らされた私達でした。

是非また近いうちに行きましょう!
今度は私達が言い出しっぺで!
※そしてレオピンのお陰で今日も元気です!(^^)!

| 江戸の弟子 | 2018/06/19 8:10 PM |

お江戸のお弟子、お二人様へ 

二日間にわたりお疲れさまでした。
三人のやじきた道中、楽しかったア〜〜。
今回の突出した出来事は何といっても永井食堂とホテルの朝飯のメザシだよね(^^♪

利根川には水上から岩本ダムまでと、阪東橋から下流のエリアと、今回探訪できなかったエリアが残っています。長大です!支流に片品川もあるし、楽しみはこれからです。これを釣り歩くのに何年もかかります。
考えようによっては、利根川は誰で釣りを楽しめる関東一の秘境ですね。

お誘い待っています。ヤマメ釣りの事なら何でも聞いて下さい。
それから、永井食堂の画像、送ってください。
兄上にもよろしくお伝えください。

まずは、体を鍛えましょう!

| 魚絵師 | 2018/06/19 9:43 PM |

是非、必ず行きましょう!
弟子群は思い思いの課題を胸に2018利根川チャレンジを
目論んでおります(笑)

そうそう、永井食堂にて師匠に”今度は半ライスにしてねっ( 一一)”と含笑みを浮かべてお小言を言ったあの粋な姐さん。。。

永井食堂店主の永井さんだそうです(笑)

メールにて永井食堂チャレンジの写真送りました(^^

| 江戸の弟子 | 2018/06/20 3:27 PM |

長い間、釣行していなかった利根川も、圏央道を使えば伊豆から日帰り圏内です。
梅雨で魚の活性が間違いなく上がります。
考えるだけでワクワクしてくる( ^)o(^ )

永井食堂、久しぶりだったけど、良いね〜〜
そう、もう70歳なんで、次回からは半ライスにします(-_-;)

| 魚絵師 | 2018/06/20 7:38 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108836
<< 今年も鬼怒川の渓谷へ降り立つ・・・・・・ | main |