SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

狩野川支流・大見川にて

2018.09.18 Tuesday

雨も上がった三連休、真ん中の日曜日、

ちょいと大見川のを覗いて来た。

異常というしかない夏の照り込みのせいか、

川両岸のボサは何時にも増し密集、

背丈以上もあるススキやトゲバラをかき分け、流れに立ち込むまでが一苦労、、、

水温19℃、水量、水色、申し分のない条件下だったが、

肝心の魚が居ない、、、そう、時折可愛いのが相手をしてくれるだけ、

 

一度だけ、段差のある流心白泡脇の、

ここしかないという小さなスポットに、

ミノーを送り込むことが出来た時、

まあまあのサイズが掛かったのだが、

手前の流れに寄せてくる途中で魚は逃げていったのだった、、、。

 

彼岸花、岸辺のクルミ、、、

そう言えば残暑というのがなかったなァ〜、今年は。

| 日記 | 08:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
昨日は良い竿を頂きありがとうございました。
上流に行く時はこの長さが扱いやすいです。

デジカメですが某カメラ店で聞いたら赤は2ケ月待ちとの事です。店員さんが親切に教えてくれたので通販では買わず注文してしまいました。

| Endo | 2018/09/19 6:11 AM |

Endo さま

テニスの大阪なおみ選手は市販のラケットやシューズを使用しているという話。
良いですね〜! すばらしい!

釣りも全く同じです。
道具にこだわる前に腕を磨きましょう!
もう一つ言わせて頂ければ、自分の釣り方に合った道具を見つけることですね。
今回のロッドはまさに、大阪選手のラケットと同じです。
先の6,4ftと同じシリーズの逸品です。
そう、自信のない釣り師ほど、道具にこだわりますね。

| 魚絵師 | 2018/09/19 9:48 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108845
<< 10月20、21(土、日)〜第9回大室キャンプのお知らせ | main | あと一週間でキャンプ >>