SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

豪雨去ったキャンプ・・・・・その2

2018.10.24 Wednesday

突然の天候激変となった2時間、ただただタープの下で雨雲が通り過ぎるのを待つしかなかった。その間、参加メンバーやキャンプサイト周りに何のアクシデントも発生せず安堵。豪雨をやり過ごした後は用意していた焚火を皆で囲んだ。そう、万が一の事を考え焚火用の樹々は濡れたりしない様にシートをかけておいたのだ。虚脱感というのか、ホッとしたのか皆押し黙ってたまま焚火を見つめているだけだった、、、、夜空に目をやると樹々の間から丸い月と幾つもの星が輝いて見えた。

確か曜日も変わった頃だったか、誰かが「腹がへったねぇ〜、そうまだ焼肉食べてないぞ!」という言葉をきっかけに、深夜にもかかわらず、突然の豪雨と雷のうっぷんを晴らすように、焚火近くで怒涛の焼肉パーティーが始まったのだ。そう、食う事に夢中でこの時の画像は何と一枚もないのです、、、。

 

設営から撤収まで協力してくれた皆さん、ありがとうございました! 来年は一区切り10回目となる大室キャンプ、それまで皆さんお元気で!

 

揺らめく炎、、、、至福の時空が流れていく。

一夜明けたキャンプサイト、昨晩の豪雨が嘘の様に晴れ渡っている、、、。

30キロのコシヒカリの新米持参で遠路新潟から参加のお三方。渡辺さんの奥様は人生初キャンプ、ぐったりとお疲れのご様子、、、、仁秀園さん、お米をいつもいつもありがとう! 渡辺さん越後の名酒、 感謝です! 有難く頂いた新米は雨の後で帰ってしまった仲間の皆さんにお分けしたいと思います。有難うございました。そして、お疲れさまでした。タープの下で朝寝をむさぼる新潟グループの皆さん(^_^)/

夜遅くまで焚火を囲んで焼肉パーティーのメンバーはまだ起きて来ない、、、。

で今度は青嶋ファミリーの番です。

 

 

 

 

 

| 日記 | 05:02 | comments(6) | trackbacks(0) |

お疲れ様でした。
大変お世話になりました。
キャンプ歴40年ですが神様に祈りを込めたそれは初めてで、あの様な状況下になると思わず笑ってしまう自分が居たことに驚きました。もうここまでか!?と悟った笑顔だったのでしょうか…
ともあれ全員無事でなによりでした(笑)
お陰で酒の肴など必要なく話題事欠かない宴となり、またもキャンプ場の夜は更け焚火の灯りと共に心温まる一夜となりました。
丑三つ時に食べた肉を落とすために家の周りを走ろうと考えましたが疲れそうなのでやめました。
皆様、次回また笑顔でお会いしましょう。この度は誠にお世話になりました。

| 仁秀園 | 2018/10/24 5:40 PM |

遠いところから渡辺ご夫妻共々お疲れさまでした。
それにしても凄い天気でした。しかし、我々のキャンプはどうしてこんなにも雨が多いいのか、解りませんね。
とは言えアクシデントなく、今までやってこれただけで良しとしなければと思います。
あの深夜の焼肉またやっても面白いですね。
そしてコシヒカリ新米有難うございました。皆で美味しく頂きたいと思います。
また来年、お待ちしています!

| 魚絵師 | 2018/10/24 9:37 PM |

キャンプ参加者の皆様、お疲れ様でした。内田さん奥様、ご家族の皆様、準備、料理、後片付け大変ご苦労様でした。感謝の気持ちでいっぱいです。新潟に帰ってきてからもまだキャンプの余韻にひたっています。今回初参加の家内も楽しかったと来年くぎりの10回のキャンプを今から楽しみにしています。皆様本当にお世話になりました。
今回の豪雨、雷鳴、落雷、誰なのでしょうか?
来年は、是非晴天の中でやりたいですね。
しかし、どんな状況のなかでもキャンプ、自然は素晴らしいですね。午前からの焼肉、星空、月、まったりのキャンプファイヤー最高でした。
家内も時間を忘れて炎を見ていたようです。
皆様、来年また再会を楽しみにしています。
お元気で、ありがとうございました。

| 新潟、渡辺 | 2018/10/25 7:54 AM |

実は長野方面から是非参加したい!、、、という友人で筋金入りの「トラウティストの牧師」と呼ばれているルアーマンの方が居まして、、、で、キャンプの日程が9月になりませんか?、、、と具体的に言って来ているのです。

まだ全く白紙ですが、これだけ雨にたたられるなら気分一新、9月開催というのもありかも知れませんね。

まあとにかく、遠路お疲れさまでした。しかし、奥様と銀山湖でトローリングですか、、、良いですねぇ〜 伝之助小屋はお任せします(^^♪

来年の10回目のキャンプもまたお三方のお越しをお待ちしています。奥様にもよろしくお伝えください。ありがとうございました。

| 魚絵師 | 2018/10/25 9:44 AM |

お疲れ様でした〜。「嵐を呼ぶ魚絵師」、もう決まり!!ですね。私も恐竜の仲間たちと天竜と大嵐の中キャンプしたことがあります。全員でタープの柱を支え、全身ずぶ濡れで天国のN御大にお神酒を捧げて許しを請うたのを、昨日の事のように覚えています。笑い話に時が変えてくれたのを、今は感謝です。

実は先月末の台風で大被害を蒙りまして、捲られたビニールハウス8本、内一番広い1本が全壊!バラして組み直す作業があったりで昨日まで28日間、ヘロヘロの毎日でした。全て吹っ飛んでズレにズレた予定がやっと昨日一段落したところ。身体中痛くない箇所が無いぐらい傷んでます。こんな思い、もう二度とご免蒙りたい・・。

牧師さんのご提案に私も乗っかりたいですね。10月は無理ですが、9月なら参加出来る可能性がありそう。鬼に笑われながら次回を待ちま〜す。

| goo~ | 2018/10/30 9:16 PM |

確定ではありませんが、目標の10年目に向け参加される皆さんの考えや都合を聞いてから判断したいと思います。
最近あのキャンプ場が無料で使用出来るという情報が広まり、伊東市民以外の人たちが主催する集まりが急に増えています。近年の9月の予約状況がどうなっているのか一度市役所に行き聞いてきます。

キャンプサイトはゲリラ豪雨の直撃を受けましたが、急な天候異変が短時間だったことが幸いし、事故なくやり過ごすことが出来たのがなによりでした。

そちらの台風被害については、ただただお見舞いの気持ちをお伝えする事しかできません。体が資本なので体調を崩すことなく過ごして頂きたいと思います。

| 魚絵師 | 2018/10/31 9:10 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108849
<< 突然の豪雨、そして雷鳴、凄いキャンプだった・・・・その1 | main |