SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

NHK 朝の連続ドラマ『まんぷく』 ストーリーイラスト・・・・・

2019.02.10 Sunday

「まんぷく」が好評のようだ。

このドラマは世界で初めてインスタントラーメンを作ったことで、その名を広く知られている伝説の人物、日清食品(株)の創業者、安藤百福氏と仁子夫人の二人がそのラーメンを創り出すまでの話だ。

今から20年ほど前、その日清食品からラーメンが出来上がるまでのストーリーを10枚のイラストに描き起こして欲しいとの依頼を受け、大阪にある日清の本社に出向いた。そして、伝説の人物、安藤百福氏ご本人にお会いし、当時の苦労話を直接お話して頂く幸運に恵まれたことを、今でもはっきりと記憶している。

完成した10枚のイラスト原画は大阪、池田市の[ インスタントラーメン発明記念館 ]に現在も展示されている。イラストの内容はすべて安藤氏の記憶と記録に基づき忠実に再現することになったのだった。

 

記念館の完成に合わせ、出版された一冊。時代を追うごとに10枚のイラストも収録されている。

イラストレーターという職業についていると、著名な人々にお会いする機会が巡って来るのだ。そう、安藤氏の名刺は今でも大切に保存してあるのです。

戦争が終わった後、闇市の風景をイメージして描いたイラスト。

インスタントラーメンは試行錯誤を繰り返す中、奥様があげている天ぷらにヒントを得ることになるのだ。朝のドラマはいま丁度このあたりまで進んでいる、、、。

ラーメンが完成し、爆発的に売れ出した頃をイラストにした。ラーメンを買い付けに来た人々の服装やオート三輪など、時代考証を忠実に描いた。

アメリカに売り込みに出掛けた際、現地のアメリカ人がコーヒー用の紙コップに割ったラーメンを投げ入れ、それにお湯を注いで食べたのを見て、これがカップヌードルの発想の基となった。飛行機はJAL、スチュワーデスのコスチューム、安藤氏が座っているシートの柄も、すべて当時のものを忠実に再現し描いた。

| 日記 | 15:56 | comments(2) | trackbacks(0) |

内田さん、お元気でしょうか?新潟の渡辺です。
昨年のキャンプは、一生の思い出となる出来事でした。ブログの更新がなかなかないので心配していたところバッチリのタイミングで更新‼この時を待ってたかのように改めて内田さんの人脈、偉大な人だな〜て感じました。昨年のキャンプの時は、まんぷくの話しにはいっさいふれず、あの時もうすでに放送していましたよね。私もラーメン記念館に三年前に社員旅行て観て参りました。
内田さんのイラストだと知っていたら、残念でした。名刺凄いですね。家内と二人で毎回楽しみにまんぷくを見ています。放送の前の日のブログでのあのタイミング、天ぷら油で揚げる麺‼
内田さんに感動しました。今年も銀山解禁日から
家内と一緒にに大イワナ目標に今からワクワクです。今年の10回目区切りのキャンプも今から楽しみににしています。お身体に気を付けて次回のブログ楽しみにしております。

| 新潟、銀山湖、渡辺 | 2019/02/14 7:26 AM |

渡辺さん、奥様
こんにちわ!
ご無沙汰しています。お元気のご様子なによりです。
私の様な職業は、仕事柄いろいろな方とお会いできる機会が数多くあります。映画のポスターのイラストを依頼されれば、その映画の主役の俳優さんとか、小説の表紙を描くことになれば小説家の方とか、そして、今回の安藤百福さんとか、その度の出会いが、一期一会の貴重な時空となります。
ですから、その様な特別の人たちばかりではなく、ごく普通の暮らしをされている人たちとの出会いも、同じ様に大切にしなければいけないと考える様になりました。

渡辺さんとお話をしていると、まだ関越道もない20歳代の頃、上野駅から夜行列車に揺られ銀山湖の解禁を釣った事を思い出します。越後平野に降った雪は春になると、たっぷりとミネラルを含んだ雪解け水となって野山や田んぼや川を潤します。そう、ユキシロの川は例えていえば養分を運ぶ血管と同じですね。
渡辺さんや奥様、高橋さんがうらやましい限りです。
今年も良い釣りをされることをお祈りいたします。
秋にはキャンプ場でお待ちしています!

| 魚絵師 | 2019/02/14 1:59 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108851
<< 中国での魚イラスト著作権問題について | main | 間もなく解禁を迎える、が、狩野川の水位は極端に低い。 >>