SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

間もなく解禁を迎える、が、狩野川の水位は極端に低い。

2019.02.18 Monday

日本の森林率は国土面積の約70%と言われているが、何とそのうち40%が間伐もされず放置されたままの杉や檜の人工林だ。保水能力の極端に低い人工林は、ゲリラ豪雨や大型の台風に見舞われると、表土流出や土砂崩れを起こす原因となる。そう、今に始まった事ではないが、日本の川は至る処で少しづつ、ジワジワと埋まり始めている。内水面の釣り人はそれを敏感に感じ取っているのだ、、、、。

それでも雪の積もる日本海側は、春が来ると山のミネラルをたっぷりと含んだ雪解け水が、野山や田畑を潤し、ユキシロ水は川をリセットしてくれる。ユキシロの川は養分を運ぶ血管と同じだ。

東北地方は別として、そう遠くない将来、太平洋側の中部地方を流れる川のアマゴやイワナは、絶滅危惧種に近い存在になってしまうかもしれない、、、、、。

2月17日(日)昼頃、遠藤橋、上下流の水位状況。いつにも増し水が少ない。

古い話で恐縮だが、日本地図を作った伊能忠敬がこの遠藤橋のあたりを測量した記録が残っている。その当時は流れが強く、そこには渡し船が舫ってあったという。ウムッ、昔はいい川だったんだねぇ〜、、、。

| 日記 | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) |

久しく狩野川には訪れておりませんが、昔、遠藤橋の真下で幅広アマゴを立て続けに釣り上げた事が思い出されます。


狩野川は当時のまだ若い私にとって、長竿を修行するにあたり無くてはならない本流の一つでした。


サツキ系のアマゴと、パーマークを纏う尺上とどちらも精悍な顔つきの魚と出会える素晴らしい川、と私の記憶に深く残っております。


画像で川の様子を拝見できる事はたいへんありがたい事です。確かに水量は少ないですが懐かしく拝見させていただきました。


久し振りに狩野川を歩いてみようかなぁ。


内田さん、有り難うございました(笑)。

| 笹尾 | 2019/02/21 2:26 PM |

笹尾 さま

世界的異常気象による自然環境の極端な四季の移ろいや変化を、釣りを通し感じずに入れません。
新たなイノベーションを発信していかないと日本の内水面の釣りに希望が見えて来ないのではと、日頃から感じています。

伊豆へ戻り17年が経過し、当初は「狩野川でゆっくり遊んで過ごせば良い、、、」と考えていましたが、そうもいかなくなりそうです。

お仲間の皆さんと伊豆へお出かけの際は、ご遠慮なく一声かけてください。
狩野川をご案内いたします。

| 魚絵師 | 2019/02/22 9:10 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108852
<< NHK 朝の連続ドラマ『まんぷく』 ストーリーイラスト・・・・・ | main | 松川湖無残! >>