SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

狩野川漁業協同組合に要望書

2019.04.23 Tuesday

ルアー&フライフィッシングの立場から狩野川漁業協同組合に対し、要望書を書かせて頂いた。

中身については多くの情報を精査し、本流遊漁期間延長の問題など、釣り人の立場に立った内容とした。「釣り人社」会長、鈴木康友氏も遠路東京から伊豆の我が家まで来てくれ中身を見て頂いた。

川はそこにかかわる人々すべてが、その恵みを等しく享受する権利があると同時に、狩野川漁協の皆様には、長い年月にわたり地域が育んで来た釣り文化を、より良いものとし、子や孫に引き渡す使命と責任があるのだと考えている。

 

 

| 日記 | 08:25 | comments(4) | trackbacks(0) |

初めて コメント出します。
私も 10年程 ルアーで狩野川本流に通い続けて来ましたが、ここ2〜3年は本当にアマゴの數が減ったと感じています。狩野川の釣りは、自分自身の修行の場となっています。でも最後まであきらめなければ、確かなプレゼントをしてくれるのも狩野川です。どうしたら釣れるのか、試行錯誤の中から確かな技術の進歩を感じています。他の川に行って簡単に釣れると、その事をつくづく感じます。

| セセラギ | 2019/04/23 7:17 PM |

セセラギ 様

初めまして、魚絵師 内田進です。
狩野川は関東近県で源流から河口までダムのない唯一の川です。
ダムがあるとダムから下の川床は固くなり、渓流漁の産卵孵化に適しません。
貴重な川であることに気づいている人はほとんどいませんね。
今までは宝の山を前に何もしていないのと同じですね。
水産資源の再生産が可能な貴重な川であることをもっと認識して頂きたいですね。
川の恩恵にあずかっている全ての人々たちに、、、、。

| 魚絵師 | 2019/04/23 9:13 PM |

こんにちは。
昨年は大きいアマゴが盛期に出た年でした。どこかで情報が流れたのか、本流にもルアーマンが竿を振っているのをよく見かける年でもありました。私にも渓流ルアーをしている友人がいまして、彼曰く「ルアーもちゃんとルールを守れる事を示さないと狩野川では竿を振れない。だから当たり前だけど我慢して待ってる」と。この事を本流で竿を出していたあるルアーマンに諭すと「俺たち地元ルアーマンは逆だね。こんなルールのある漁協が頭おかしくて、俺のやってることは仲間には共感してもらえるよ。」と逆ギレ気味に息巻いてあっけにとられました。
もし、狩野川をホームにしているルアーマン達が彼ような考え方で、己の主張がルールよりも優先されると考えているならば残念です。例えば、「おかしい」の一言で伊東大川のダム上のルアー・フライ専用を餌でやったり、遠くは九頭竜サクラを餌でやるような事はあってはならないことですよね。勿論、やるひとは居ないし、聞いたこともありません。
しかし、上記のルアーマンの彼は、俺たちの主張は真っ当だから当然竿を出す権利もあるかのような居直りっぷりに嘗てルアーマンと鮎師が揉めて警察沙汰になった件がよぎりました。
私個人的にもルアーやフライでも出来るようになればいいな。とも思いますが、同時に己の主張が絶対でルールを守れないという事は、マナーなど度外視することが想像に難くなく、そういう人が増える事に一抹の不安を覚える自分もあります。勿論、狩野川に通うルアーマンがすべて彼のような人だとは思いませんが、上記の彼がとった態度、地元ルアーマンに肯定されているんだという様な主張・言葉が脳裏から離れません。

| たんなる餌師 | 2019/04/27 11:14 AM |

たんなる餌師 さま

初めまして、魚絵師、内田進です。
貴重な体験を当ブログにてお話し頂き有難うございます。
新潟の魚野川流域、石打、小出間に、ルアー&フライ釣りのエキスパートが3人おりまして、勿論彼らは魚沼漁業の組合員であるばかりでなく、彼らの元に集まる地元や他府県の多くのアングラーを育て、共に豊かなフィッシングライフを送っているのを現認しております。
それになぞらえれば狩野川流域にルアー&フライの釣り文化を広めることが、結果として地域の発展につながっていくと言う様な考えの、核となるアングラーが居ないのか、居ても行動しないのか、又は狩野川漁協の組合内部で将来に向け、地域からそういう人材を発掘勧誘し組合員として育成して来なかったのかの二つが考えられますね。
以前、警察沙汰になった不幸な事件を振り返れば、組合はそれを契機により一層ルアー&フライと向き合う事を考えるべきだった感じています。

今回ご指摘の地元ルアーマンの考えや行動は釣り以前の問題で、本人は一人の人間として自身のモラルが問われている事に気づくべきですね。日々暮らしていると、何処に行っても迷惑を考えないマナーの悪い人間は必ず居ます。それらと同類です。

貴重なお話し、ありがとうございました。楽し釣りをされることをお祈り致します。


| 魚絵師 | 2019/04/28 9:46 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108858
<< 低水位で推移の狩野川、アマゴの気配ほとんどなし! | main | 平成最後の丸沼解禁・・・・・・ >>