SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

天城山塊に430mmの記録的降雨

2019.05.24 Friday

屋久島を襲った豪雨が、その勢力を維持したまま21日(火)静岡県下を通過し東に抜けていった。低気圧は天城山塊に430mmの記録的大雨をもたらし、川の水位は2M上昇、久しぶりの出水となった。そんななか20日から鮎が解禁となったが、鮎釣師には棚ぼたの嬉しい雨となった。 極端な低水位で始まった今年の狩野川だったが、本流のルアー&フライの遊漁期間中まともな雨もなく、全く低調のまま本流はクローズ。

ただ、山田川合流点より下流は7月31日まで遊漁出来るが、近年の大気温度上昇の影響もあって、残念ながらGWを過ぎた頃からこのエリアは高水温の流れとなり、朝夕の一時以外しか釣りにならないのが現状だ。

ここ何年かで全く変わってしまった気候の推移、長い日照りが続いた後の突然の豪雨など、、、、、間違いなく昔の様な穏やかな季節の移ろいの中での釣りが、出来なくなっている。

 

昨日(23日)の狩野川本流三段の瀬、遠景の橋は伊豆中央道大門橋。水が落ち着き始める時合で入渓すれば上流から落ちてきた良型のアマゴに出会えるチャンスがあるかもしれない。(画像は釣友Endo氏撮影)

| 日記 | 09:35 | comments(2) | trackbacks(0) |

魚絵師様、
今年は電話での最初の一言が必ず ”修行ご苦労様です”でした。水位が低かったので、おそらく他の河川も厳しかったのではないでしょうか?
来年はたくさん雨が降ってくれることを期待します。

| Endo | 2019/05/24 12:38 PM |

Endo さま

惚れ惚れするような増水ですね(苦笑。
ルアー&フライにとっては垂涎の本流です。
こんな流れの中にルアーをぶち込む事も叶わず、ただ眺めているのも修業です(笑

険しく遠い修業の道はまだまだ続きます。
諦めてはなりませぬ。

| 魚絵師 | 2019/05/24 7:17 PM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108862
<< GWも終わり、狩野川本流あと2週間弱でクローズ | main |