SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

SALTWORLD誌連載 ・ 地球温暖化、プラゴミ、老朽化したダム

2019.07.13 Saturday

地球環境は急速に悪くなっている。

大きく言えば核や化学物資で地球そのものが劣化し始めている。で、今ここで問題にしたいのは、老朽化した古いダムが日本各地に存在する内水面の釣りだ。ダム運用から長い年月の経過と共に土砂が堆積し、現在進行形で確実にダムの容量は減少し続けている。

そこに近年、局地的豪雨や大型台風が多発する様になった事などにより、想定以上の土砂がダムに流入し、結果、河川氾濫が起きる危険性が高まって来ていると指摘されている。

ダムの運用と容量を将来的に確保しようとするならば土砂を放出するしかない。現在、運用から50〜70年以上経過したダムは、すでに想定の100年分を超える土砂が堆積しており、何とそれが全国に30〜40ヶ所もあるらしい、、、、、。

ちなみに1991年、あの黒部ダムの土砂が吐き出された。その総量は約46万立方メートル、流域や河口周辺にはヘドロ化した土砂の悪臭が漂い、海は灰色に変わり、漁業が出来なくなり、その後、4年間にわたり38億円の保証金が支払われたと記録にある。7月10日、NHKの「クローズアップ現代」でもダムの土砂堆積の問題がテーマになっていた。

 

サクラマスやヤマメ、ニジマス、イワナ、など本流釣りの未来が危うい!

| 日記 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |










http://blog.uchida-fish.jp/trackback/1108864
<< 梅雨の晴れ間・・・・・増水の会津大川 | main |