SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

ミノーイング全盛なのに、Endo さんの釣りはスプーンだ !!

2020.03.05 Thursday

数年まえ、狩野川の畔で地元ルアーマンEndoさんと偶然出会った。小生の方から、一緒に釣ってみようと誘い、それ以来の付き合いに、、、。

聞けば、なんと家は大見川の瀬音が聞こえるほど直ぐ近く。だから、川のコンディションは電話すれば直ぐに詳しく教えてもらえる、まるで実況中継だ。で、彼が伊東の我が家を訪ねて来た時、最近使っていないスプーンが沢山あるのだけれど、実はもう断捨離を考える年齢なので、もし良かったら使ってもらえないだろうか、、、、と言うと、にっこりとほほ笑んで、スプーンのほとんどを貰ってくれたのだった。

そう、その日からEndoさんは何とSpoonistになってしまった。勿論、ミノーイングもやるけれど、今や釣りのメインは完全にスプーン。そして目から鱗の釣果。今年も解禁日からグットコンディションの越年アマゴ28センチをキャッチし、ミノーメインの小生のプライドを、いきなり打ち砕いてくれたのだった! 

ミノーイング全盛の昨今だけれど、Endo さんの釣りは温故知新にとどまらず、アングラーたちに新たな啓示を与えてくれるに違いない、、、、。

 

Endoさんが昨年、狩野川で釣ったアマゴの一部、最大は牧ノ郷での33cm、全てスプーンでキャッチ。

 

 

 

| 日記 | 10:03 | comments(2) | - |

魚絵師様、
クローズアップして頂きありがとうございます。
3年位前に魚絵師さんから大量のスプーンを頂き、使ってみたら本流の魚をスプーンで釣ることができました。
その後頂いたスプーンの大半はフィールドに奉納してしまいましたが、今ではすっかりスプーンの虜になってしまいました。チライブリリアントは1本だけ持っていますが、中古でも高いので使用禁止です。(笑)

| Endo | 2020/03/06 1:01 PM |

Endo さま
ご貴殿を見ていると、30歳代の頃、越後の魚野川であのスプーンの名手、故常見忠氏と二人並んでヤマメを狙った日の事を想い出します。故開高健氏にスプーンの釣りの手ほどきをしたのも忠さんでした。

業界の事情で最近はミノーが主流の様ですが、基をただせばルアーフィッシングと言えばスプーンでした。Endo さんには狩野川におけるスプーンの伝道師となって頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

| 魚絵師 | 2020/03/06 4:54 PM |









<< 祝・2020狩野川解禁 !! | main | 祝・狩野川のルアー&フライ、全河川で9月末まで全面解禁 !! >>