SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

26日(木)・気温20℃・水温14℃・快晴微風の狩野川

2020.03.27 Friday

27日(金)あたりからまた天候が崩れる。今週末から来週にかけて間違いなく雨模様だ。そう、釣りに行くなら木曜しかない、、、。釣行前日goo~さんの誘いに二つ返事で乗った。

この日、陽が昇って気温が上昇する昼前後に狙いを絞り、2人で流れに立ち込んでみた。が、結論から言うと解禁から1ヶ月近くが経過した中で、残念ながらアマゴの気配は極端に薄いと言わざるを得ない。

幾くつかの原因が考えられるが、一番大きなのは昨年の台風19号の通過だろう。川はいたる所で流れの筋が変わり、堆積していた土砂がなくなり川の中は磨かれた様に綺麗だが、「生き物の気配が感じられない!」そう、小魚や水生昆虫など、大増水で濁流となった流れは「川の生態系ごとほとんど全てを流出させてしまった!」と考えられる。釣れて来るアマゴが痩せているのは間違いなくエサの水生昆虫やベイトフィッシュが少ないからに違いない。

そう、釣り人は川の中に生き物の息吹が復活するのを、ただこのまま辛抱強く待つだけで良いのだろうか、、、、。

 

戦友goo~さんと今年初めての狩野川、どうですかこの景色! よくぞ釣り師に生まれけりでゴザンスね。

上、エサが少ないのか少し痩せているアマゴ26cm。ゆったりとしている瀬から飛び出して来た。それに対し、コロリとした魚体で朱点が鮮やかなアマゴはガンガン瀬、瀬尻の流心でミノーを咥えた。今年初めて瀬から出た一匹24cm。

| 日記 | 08:38 | comments(4) | - |

魚絵師様、
どこかの病院に油絵で飾られていそうな素晴らしい景色ですね。魚も華やかなべっぴんさんですね。私も所用を片付けて夕方川に行きましたが、1回チェイスのみで全く相手してもらえず、悔しくて眠れませんでした。(笑)

| Endo | 2020/03/27 12:27 PM |

Endo さま

城山の前に新たに出来た長大な一本瀬は見た感じは一級のポイントだけれど、川底は小石と砂利のみで魚が止まって定位する場所ではなさそうです。
ただ、移動して来た魚が一時、休む事は考えられますね。石がごろごろ入っている変化のある流れを攻めた方が良い結果がでると考えます。

| 魚絵師 | 2020/03/27 1:40 PM |

終日お付き合いいただきありがとうございました。
さて今シーズンの狩野川、色々想像を逞しくしてましたが、ある意味悪い方向で予想通りでした。何年か前にもまるで磨かれたように川がキレイだったことがあったけど、今年のは桁が違うって感じ。水中の石も何十枚もチェックしたけど、驚くほど虫が少なかったです。殊にヒゲナガを始めとするトビケラ類、寒気がする程でした。本流の大増水が荒れ狂った区間だからかも知れないし、局地的な現象だと祈りたいです。
折角シーズン通して鱒を狙える最初の年なのにと、チト悔しいけど、これからの好転を切に願いたいですね。

| goo~ | 2020/03/28 9:13 PM |

goo~ sama

久しぶりにお会いしましたが、お元気そうでなによりです。
何回となく自然災害に襲われた川をまのあたりにして来ましたが、狩野川で今回ほど大きいのは昭和33
年の狩野川台風以来でしようね。
念願かない狩野川で9月末日までルアー、フライ全面解禁の運びとなりましたが、釣り場でトラブルが起きない事を願っています。
また、日本の内水面の釣りは狩野川に限らず、魚資源の問題や、鵜への対策、そして、田んぼから流出する農薬(ネオニコチノイド)の問題などがあげられています。
特に農薬の害については2019年1月のフィッシングショーで日釣振が主催する講演会の中で、筑波大学の升秀夫助教授が「農薬が日本の釣りを駆逐する!」という内容の非常に衝撃的なDVDを発表しています。
goo~さんが案じておいでの水生昆虫が最近の里川で極端に少なくなっている原因が解る内容です。生物の循環が途切れ生態系の崩壊に繋がる事を予測出来る内容です。怖いですね。

とにかく今年も始まりました。いろいろなことを心配しながら釣りをするのも切ないものですね。

| 魚絵師 | 2020/03/29 3:28 PM |









<< 三連休、西南西の強風吹き止まず、、、が、Endo さんは別!? | main | 四月に入っても川に釣り人の姿なし・・・・・・ >>