SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

四月に入っても川に釣り人の姿なし・・・・・・

2020.04.13 Monday

川は雨が降るたびに増水と減水を繰り返す。雨が降ると川はリセットされ魚の活性が上がる。水が落ち出してから薄濁りのやや増水加減の状態の川に入ることが肝心で、あとは何処をどう狙うか、自分がフィールドに立った日の川の状態と判断によって釣果に差が出る、、、。

四月に入って西伊豆と南伊豆でとうとう新型コロナウイルスの感染者が出てしまった。しかし、狩野川が流れる中伊豆と相模湾に面した東伊豆では、まだ感染者は出ていない。中国で始まった今回の感染症、一日も早く終息の兆しが見え出すことを切に願うしかない。

 

12日(日)、Endoさんが牧ノ郷で釣った越年アマゴ29cm、狩野川の瀬音が聞こえる処に暮らしていて、川の状態は手に取る様に解るはずで実に羨ましい限り!どうやら良いコンディションの魚が動き始めた様だ、、、。

| 日記 | 08:37 | comments(2) | - |

魚絵師様、
写真の掲載ありがとうございました。
最近はどうも苦戦する日の方が多くなって来ましたので、この魚は本当にまぐれです。
東京や神奈川の方の不要不急の外出自粛の努力が功を奏し、早々にに解除されるといいですね。

| Endo | 2020/04/13 12:27 PM |

お見事!!
コンディションが素晴らしく綺麗な魚ですね。
背鰭のツマグロから判断すると、おそらく汽水域で過ごしていた魚が遡上して来たであろうと思われる個体です。

小生の釣った魚は、もっと小さく姿も喜べるものではありません。
ここはEndoさんの魚だけをUPして、皆さんにご覧頂きましょう!
4月も半ば、、、アマゴが動き出していることに期待したいですね。

昨年の台風19号の通過にも関わらず、生き残った魚に違いありません。
貴重な一匹です。

| 魚絵師 | 2020/04/13 1:45 PM |









<< 26日(木)・気温20℃・水温14℃・快晴微風の狩野川 | main | GWなのに釣り人の姿なく、そしてアマゴの魚信も遠い狩野川 >>