SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

減水の狩野川、間もなく梅雨入りか・・・・・・

2020.06.11 Thursday

長年の念願叶い、遊漁規則が改正され今年から9月の末まで、引き続き本流でルアー、フライが楽しめる環境が整ったというのに、その矢先、何という巡り合わせの悪さか、例のコロナ騒ぎでルアー、フライマンの姿を見ることがほとんどなかった!本流はいつ行ってもがら空き状態だ、、、、とは言え今年は五月に入ってから、ほとんど雨らしい雨も降らず水位は日に日に落ちていき、さらに気温の高い日が続いた為、水温も上昇、初めて入渓する5月20日以降の本流筋ではあったが、牧ノ郷の瀬で何と日中の水温が20℃を超えていた。で、何処をどう攻めてもアマゴは姿を見せてくれなかった。

県境を越えての移動も遠からず緩和となれば新たな本流釣りのステージが幕開けとなる。ア〜〜雨よ!、早く降ってくれ!そう、梅雨で増水しリセットされた未知の本流で何が待っているのか楽しみだ、、、、。

 

中流域を諦め西平橋上ッ手、本流最上流の瀬に入ってみた。この先に「落合桜」前の取水堰堤がある。ここまで来ると流石に川筋を吹き抜ける風も流れも心地いい。

| 日記 | 09:39 | comments(2) | - |

魚絵師さま、こんにちは。

願いが通じましたね。恵みの雨となってくれれば…

さあ、タイミングをはかって本流にいざと思っていましたが、残念な事に右手を負傷してしまいました。

主治医の見立てでは2週間で痛みが柔らぐか…ということです。(?)

2週間後の木曜日は本流筋の温泉宿を予約していますので、朝マヅメに本流に立ち釣果に満足して朝風呂・朝ご飯と考えていました。

まあ、なかなか思いどおりにはいかないものですが、本流で美しい狩野川鱒との出会いに期待したいと思います。

右手の状態が落ち着きましたら、本流ご一緒させてください。

Mahalo Nui Loa

| 小川 | 2020/06/11 7:14 PM |

小川 さま

大切な右手を負傷されたとの事ですが、
仕事にも、釣りにもさしつかえるのでは、、、と心配しています。
全面解禁の狩野川ですが、ここの処、温暖化の影響もあるのではと思えるほどの水温の上昇です。
アマゴが生息出来る水温は通常23℃くらいまでとされています。
高水温の環境下で生き残り、世代を繰り返すことが出来るDNAを持っているであろう狩野川のネイティブたちの存在は貴重ですね。
本流のどこかに低水温の湧水ポイントでもあれば良いのですが、例えば柿田川の様な、、、。

お怪我が回復されお元気になられたら、ぜひ一緒に釣ってみましょう!

| 魚絵師 | 2020/06/12 11:14 AM |









<< さっそく遊漁期間延長の狩野川本流で・・・・・ | main | 「鱒の森」7月号 >>