SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

夏の川、入渓時はマダニに要注意!!

2020.07.25 Saturday

春先は川に降りる踏み跡をたどり、難なく狙ったポイントに入ることが出来る。

が、夏場は身長より高く伸びたススキをかき分けながら、なんて事は日常茶飯事。

そう、そこは《 ダニ 》だらけなので要注意だ。

伊豆には日本黄斑熱を媒介するマダニが生息しており、

対応と処置が遅れると、最悪の場合は死に至る。

入渓時は出来る限り肌の露出を避ける必要があり、防虫スプレーは必需品となる。

皆さん、くれぐれもご用心!!

 

で、釣りはと言うと、、、、、

狩野川本流の水位がやっと釣りが出来る高さまで落ちて来て、

この日はロッドもリールも40オーバーに備え、パワーのあるタックルに変えていた。

そう、サイズだけは狙い通りだったのだ、、、、、。

魚がロッドに乗った直後、重量感のある手ごたえが伝わって来た。

が、魚の動きで狙っていたサツキでないことが直ぐに解った、嗚呼、失望!

ミノーを咥えたのは全く持って歓迎できないギャングだった。

 

ススキをかき分けやっと川に降りたと言うのに、これじゃあねぇ〜、、、、、。

| 日記 | 06:16 | comments(4) | - |

たまにお会いして一瞬ドキッとさせられるあのお方ですね。これだけ大きいと面白そうです。
 マダニですが、どうやら山間部の、日当たりがいい所に多いようです。虫よけスプレーをかけたら逃げて行ったので、最近はウェーダーや服に虫よけスプレーをかけています。

| Endo | 2020/07/26 8:45 AM |

Endo sama

何ともね〜魚がロッドに乗った瞬間だけでした、やった! と思ったのは、後はぞんざいなやり取りでしたが、それでもフックアウトしない、、、。

例の場所、今朝は全くのノーフィッシュでした。
下流に目をやると鵜が10羽ほど羽を休めているコロニーの様な処があるのに気づきました。きっと、そこからオイラのポイントに朝な夕な通って来るに違いない、、、何とかならんかねぇ〜。

| 魚絵師 | 2020/07/26 5:25 PM |

内田さん、こんにちわ。外道と分かった時は、本当にガッカリしますよね。そんな魚に限って、雑なやり取りをしても、フックから外れないのは何故でしょうか?(笑)。でも、中には嬉しい外道もありましたね。そう、あれは銀山湖の北ノ又バックウォーターで内田さんが掛けた見事な大鯉。あの時は、顔を見合わせ、しばらくの間、笑いが止まらなかったですよね。

| spoonist | 2020/07/27 9:32 PM |

Spoonist sama

そうだった! そんなことがありました。

あの時は、マルキュー(株)から社長室に飾る大鯉のイラストを依頼されていて、あの偶然があったからこそ絵を完成させることが出来ました。
新しくしたばかりのロッドがミシミシと音を立てていたのを覚えています。

懐かしいな〜、、、。

| 魚絵師 | 2020/07/28 8:04 AM |









<< 梅雨明け近い狩野川・・・・・ | main | 大増水から大渇水へ・・・・・・ >>