SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

来年の為に入渓路を探しに秋の狩野川本流へ

2020.09.22 Tuesday

連休中日の21日、来年に向け、釣友の杉本さんと狩野川上流部の新たな入渓路を探すべく、鮎釣り人が川に降りる前の数時間、下調べしてあったエリアを中心に入渓点となる処を探索した結果、目から鱗、意外な処に梯子が架けられていたりで、幸運にも左岸側からの新ルートを見つけ出すことが出来た。

まずは来年に向け、駐車違反にならず安心して車を駐車出来る場所を確保することが第一で、この事案について狩野川漁協には、新たに要望書を記させて頂きたいと、考えている処であります。

この問題を解決しなければ、落ち着いて釣りに集中出来る環境が整わないばかりか、本流でのルアー&フライの遊漁を9月末日まで延長して頂いた価値が半減してしまうと感じています。そんな中、この度こちらの考えを受け入れてくれ、快く駐車スペースを提供してくれた関係者の皆様方に対し、この場を借り心より感謝申し上げる次第です。

釣行当日《 アルバトロス 》のオーナー鈴木様からも、心良く車の駐車を受け入れて頂きました。有難うございます! おかげで久しぶりの瀬に立てました。ルアー&フライマンはオトリを購入しませんので、これからはその分、どうぞ駐車料金を徴収して下さい。今後もどうか宜しくお願い致します。

 

話変わって、ここの処、冷川上流部を探釣しているEndoさんからは秋色に染まり始めたアマゴの画像が届いた。

| 日記 | 15:28 | comments(6) | - |

内田さん、こんにちわ。渓流釣りだけでなく、海釣りでもそうですが、駐車場所に関しては、「その場所が、釣れる、釣れない」という事以前に、釣り人の最も関心がある点のひとつだと思います。

フィールド近隣、ご近所の皆様に、ご理解頂ける事は、とてもありがたい事です。

今のご時世、見慣れない車が、近所に停まっているだけでも、何かと心配になります。

ですから駐車する側は、「私は釣り人です」、そのフィールド近隣の方々も、「これは、釣り人の車だね。」と認識出来る様な、事が必要ですね。

僕達、渓流釣師は、入漁料を払い、「川のパトロールをさせて頂いている」のですから、パトロールをする人は、川は勿論のこと、その流域にある田畑、森林、そして住民の皆様の暮らしに迷惑をかける様な事は切に慎みたい所です。

反対に、近隣住民の皆様には、渓流釣師の事を、「川をパトロールしてくれている人達」と思って頂けたら、これは釣り人みよりにつきます。それは、我々にとって、とても名誉な事だと思います。僕達は、そんな釣り人でありたいですね。

| spoonist | 2020/09/26 11:39 AM |

Spoonist さま

もう一昔も前の話で、現在では参考になりませんが、
地方に釣りに行き、釣竿をもって田舎道を歩いていると、農家の爺ちゃんやバーちゃんが「釣れたかい、、、」なんて話しかけてくれた。
そう、釣竿が通行手形の役割をしてくれていて、誰もこちらに警戒している様子がなかった。
皆優しかった事を覚えている。

それに比べ、今の社会はどうなんだろうかね、、、。

| 魚絵師 | 2020/09/26 6:00 PM |

魚絵師様
ひとつの川における駐車場所、入渓路をどれだけ把握しているか、ということは釣り人にとって釣りそのものの技術同様、スキルの一つと考えております。入渓路を探している最中スズメバチに追いかけ回されたり、下降用のロープが下がっていたので降りてみたら崖の途中で止まっていたとか。後で人に聞いたら全然楽な入渓路があったとか。駐車場所については近年、かつて駐車できた場所が駐車不可になってしまったところが多くなってしまいましたね。コロナ禍の影響か、近隣開発、はたまた釣り人の行いの結果か、、、、狩野川も旧湯ヶ島地区辺りまで開発が進み、新住民も多くなっている昨今、川沿いの方から「大きいの釣れた?車ならあそこに駐められるよ」なんてやりとりは今後少なくなっていくのでしょうか。

| ムラカミ | 2020/09/29 7:58 AM |

ムラカミ さま

駐車場所以外に、明らかに釣り人が捨てていったとしか考えられないゴミの問題もあります。一釣り人として、これは恥ずかしい事ですね。

川だけではなく、子供の頃を過ごした漁師町の堤防にも頻繁に行きますが、海釣り人が捨てていったゴミが毎回毎回捨てられたままで、それを見るたび悲しくなります。

狩野川に限らず他の川にも岸辺のあちこちに大小のゴミがあります。水が出た後は余計に目につきますね。

が、驚くべきはアラスカの川です。町中を流れている川岸に、あれだけ釣り人がいるのにほとんどゴミが落ちていない!
カルチャーショックでした。
そうです、誰もゴミを捨てないので、捨てたくても捨てられないんですね。皆さん釣ったサーモンと一緒にゴミも持ち帰ります。

| 魚絵師 | 2020/09/29 10:18 AM |

魚絵師様、
魚の写真アップして頂きありがとうございます。
釣り人にゴミを捨てる人や挨拶する人がいるように住民にも釣り人に寛容な人もいれば、敷地に入る事をこばむ人がいます。それはお互い様なので住人の方にも不快な思いをさせないようにする事が釣り人には必要だと最近は思います。

| Endo | 2020/09/30 7:54 PM |

Endo sama

今年も川の情報を有難うございました。
地元にしか解らない生の情報は現地からの中継の様でした。
川近くに田んぼを所有しているEndoさんのお立場から観て、他所から訪れた釣り師がどの様に見えるのか、ご自身もルアーをおやりになる訳ですから、両方の気持ちが解るのは小生の知る限り、ご貴殿だけです。

もう、釣り以前の人としてのモラルの問題でしかないですね。
しかし、世の中余りにもギスギスし過ぎです。昔はもっとゆったりしていました。

| 魚絵師 | 2020/10/01 8:09 AM |









<< 細密イラスト・・・ランディングネットと伊豆のヤマメ(アマゴ) | main | 狩野川、9月30日をもってアマゴ(サツキマス)釣りは禁漁 >>