SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

狩野川、9月30日をもってアマゴ(サツキマス)釣りは禁漁

2020.09.30 Wednesday

今年はコロナで始まり、コロナで終わったシーズンとなった。

今季からルアー&フライの遊漁期間が9月末日まで延長されたというのに、何というタイミングの悪さか、国からから移動自粛の要請が出ていた為、3月の解禁以降、いつ川に行っても、ほとんど釣り人の姿を見かけることがなかった。

振り返れば、記憶にない程の雨量を記録した7月の梅雨が明けたかと思ったら、今度は熱波の夏、、、、そう、今期はまともなコンディションの中で釣りを楽しんだ記憶がない。すべてが異常と言えるシーズンだった。

とは言え、9月最後の日曜27日も、またアルバトロス、オーナー鈴木様のご理解で、安心して車を駐車出来ました。重ねて感謝致します、有難うございました !!

コロナ禍を乗り越え、また来年も楽しい釣りが出来ることを切に願っています。

 

この日は小川さんと二人、今季最後の狩野川を釣り歩いた。氏は富士市で歯科医院を開業しており、毎年、小、中、高と学校に出向し、子供たちの歯の健康管理の仕事も続けている。今回のコロナ禍の中でもそれは変わりません、と彼は言った。

大変なリスクを伴う職業と言わざるを得ないのだが 『 内田さん、日本では歯科医療関係で一人もコロナの感染者が出ていません!』 と胸を張ったのだった。小川さん本当にご苦労様です!

そして、川歩きの後は、、、

長らく休業していた温泉、「希望園」の営業が10月1日から再開される。釣行当日、偶然にもプレオープンという日で久しぶりの湯につかる事が出来た。伊豆では珍しいアルカリ単純泉、お世辞抜きで素晴らしい湯だ。場所は大見川の小川橋左岸から1、2Km急坂を上った所、橋のたもとの山側、坂の昇り口に看板がある。

希望園にあやかって来季の狩野川も 『 希望 』 が持てる川であって欲しい、、、。

| 日記 | 09:17 | comments(2) | - |

魚絵師さま

狩野川本年度最終釣行は大変お世話になりました。チビアマゴくらいには会えるとたかを括っていました。尺を早々にC&Rして温泉→ランチなんて考えていましたが、狩野川は微笑んでくれませんでしたね。

本流での釣りが9月末まで可能になりましたが、コロナ禍・厳しい暑さetc.…厳しい1年でした。来年もまだまだ平静には戻らないと思いますが、できれば穏やかな気持ちで川に立っていたいと思います。

駐車スペースの問題も進展があることを期待しています。

来年もよろしくお願いいたします。

Mahalo Nui Loa


| 小川 | 2020/10/01 4:57 PM |

秋の一日、残念ながらアマゴには出会えませんでしたが、駐車場所や入渓点など、知って頂きたくご案内しました。
車の事を気に掛けながらだと、釣りに集中出来ません。

秋アマゴの顔を見ることは出来ませんでしたが、希望園の温泉につかる事が出来たので、それて良しとしましょう。

コロナ禍の中、小川さんの歯科医療の話を伺い頭が下がる思いでした。健康に留意され頑張ってください。

こちらこそ、来年もまたご一緒致しましょう。

| 魚絵師 | 2020/10/02 6:33 AM |









<< 来年の為に入渓路を探しに秋の狩野川本流へ | main | 今年最初の台風が来るぞ・・・・・・ >>