SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

穏やかな狩野川

2020.10.25 Sunday

このまま台風が上陸しなければ12年ぶりだと言う。

今年は3月の解禁当初からからコロナ禍の中ではあったが、幸い川の生態系にダメージを及ぼす様な大きな台風の上陸がなかった。

アマゴ釣りが禁漁となった今月初め、柿木川上流域に産業廃棄物が不法投棄されたことがメディアで報じられたが、25日(日)、本流と柿木川の合流点下流には多くの鮎釣り人の姿があった。引き続き行政や狩野川漁協は、監視と調査を継続すべきと考える。

タックルが進化し、いくらスキルが向上しても、自然が駄目になったら、それで釣りは終わりだ。穏やかな四季の移ろいがこのまま続いていって欲しい。

 

10月25日、正午頃、旭日橋より上、下流を撮影。

 

 

 

| 日記 | 17:22 | comments(2) | - |

魚絵師さま
柿木川原頭付近における産廃不法投棄、気になりますね。規模が広大で既に有害物質の土壌への流出があるとか。
かなり前の話になりますが、西伊豆の単独河川(内水面漁協なし)の2河川上流部に混合廃棄物が棄てられていて、非常に憤慨したことを思い出しました。
逆に東伊豆の河津川、白田川は昨年の台風での被害が小さくないようです。

| ムラカミ | 2020/10/28 7:20 PM |

ムラカミ さま

台風の大出水で、川の生態系ごと流出する事態が
とりあえず今年はない(まだ解らないけれど)
とりあえず一安心、と思っていた処に今回の産廃問題です。

現行の法律を改正し、悪いことをする奴に厳罰を与える様にして頂きたいです。

| 魚絵師 | 2020/10/29 9:04 AM |









<< 狩野川支流、柿木川上流に何者かが、産業廃棄物を不法投棄 | main | 奥日光・晩秋の丸沼にて・・・・・ >>