SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

奥日光・晩秋の丸沼にて・・・・・

2020.11.08 Sunday

標高1400M、紅葉も終わり冬枯れの景色の中にたたずむ晩秋の奥日光丸沼。今年はコロナ禍の影響で春の大会が延期されていたが、11月7日(日)、クローズ前のマス釣り大会に100人強のルアー&フライマンが参加。湖は11月末をもって冬季の禁漁期に入り、来年の春まで雪と氷に閉ざされる。

御殿場からSpoonist杉山氏も参加、何んだか後ろ姿に哀愁が漂い始めてるぜよ、、、、。

冷え込んで全体的に渋かったが、釣れるとデ、カ、イ!、、、。


大会終了後の表彰式に不肖内田も参加、入賞のアングラーにFish on Karatのニジマスのマグカップ。優勝のSさんには豪華賞品と副賞にニジマスイラスト(画像)のTシャツを贈呈。

 

| 日記 | 15:05 | comments(2) | - |

 内田さん、この度の丸沼釣り大会、大変お疲れ様でした。懐かしい思い出話をしながら、すぐ隣り合わせで竿を振り、大いに楽しんだ、一日でしたね。

 丸沼におけるトラウトのゲームフィッシングの歴史は、中禅寺湖と並び、日本では最も古いとされています。

 それから半世紀以上が経った今でも変わらない景色、ひっそりと佇む環湖荘、そこに集うベテランのアングラー達。。。そして周辺一帯の「大自然と人との関わりや文化」は、まさに「素晴らしい」の一言に尽きます。

 もっと若い頃に丸沼を訪れていたら良かったかなぁ??と最初は思いました。

でも、そうではなく、「今だからこそ、その良さに気付けた」ということなんでしょうね。

また、春になったら一緒に竿を振りましょう!!

| spoonist | 2020/11/08 5:41 PM |

Spoonist さま

丸沼はいつ訪れても荘厳な雰囲気を醸し出していて、下界で起きている出来事や人間の営みとは一線をかくしている。

そう、神聖な場所、、、。
ルアー&フライマンにとって、まさに「聖地」ですね。
来年も宜しくです!

| 魚絵師 | 2020/11/09 2:52 AM |









<< 穏やかな狩野川 | main |