SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

あの青嶋晃氏が何と、サクラ対応、ニューミノーを開発!

2008.11.12 Wednesday

ミノーでアマゴと戯れていた九月の狩野川で、偶然見出す事になった新しいメソッド。それをサクラマスで試す為にはサイズの大きいミノーが必要。それを探していた矢先、新たな強い味方を得た。かって某メーカーを通して制作され、市場を席巻したあのミノー、「ブラウ二ー」そして「Ty-rex]シリーズの設計者で、現在は「工房青嶋」を立ち上げ次々と斬新なミノーを制作し、ルアーマンの注目を浴び続けているミノー設計デザインの第一人者、青嶋晃氏。

氏と話しをしてみると何と、サクラマス対応のニューミノーを11月に発表し発売を予定していると言うではないか、、、、で、嬉しい事に、さらに今回の僕の考えを受け、件のメソッドでサクラマス対応のシンキングミノーを設計、制作してくれるという。彼とはかってサクラマスフィッシングの創世期、あの九頭竜川で共にロッドを振った仲。旧知の友とはいえ、こんな形で再び出会うとは、何とも嬉しい限りだ。
早く出来上がったミノーを手に取ってみたい。こんなに来春が待ちどうしいのは久しぶりだ。はたして、満開のサクラの下で一体何が起きるんだろうかと、、、、、。

念のため、青嶋氏のHP「工房青嶋」  http://www.kobo-ao.com/

今でも大事にとってある青嶋氏、設計制作のミノーたち
久しぶりに箱の中から出してみた、、、、、懐かしい。

| 日記 | 16:04 | comments(6) | trackbacks(0) |

えぇ〜、青嶋さんがミノーを作ってくれるんですか、初耳だ(笑)。
ニューメソッドの発見、(仕事中ネットで見つけた)工房青嶋からのニューミノーのリリース情報、そしてカーディナルの復活(予定)と、ここへ来て一気にサクラマスへの道が拓けたような。
でもまだ冬も入り口ですから熱をあげるのもほどほどに、体力を温存しておきましょう。
神通川では魚絵師さんよりベテランと思われる地元のアングラーもやってましたよ。
来春、果たしてどんなサクラが咲くのでしょうか、是非とも咲かせてみたいですね。
私もわくわくしてきました。



| 湘南の鱒釣り師 | 2008/11/12 6:16 PM |

そォ〜〜なんだよ!
あの天下の青嶋君がサクラのニューメソッドミノー創ってくれると言ったからって、 
今からこんなに熱くなってたら、来春を待たずにオーバーヒートしちゃうよねェ〜(苦笑
                    〜伊豆の國のチョイ悪オヤジ〜

| 魚絵師 | 2008/11/12 8:48 PM |

画伯、青ちゃん!
宜しくお伝え下さい。
彼の新ミノー楽しみですね。
taki

| taki | 2008/11/13 7:39 AM |

takiさん。おはようございます。
なんだか面白い事になりそうですよね。
その青嶋君のミノーが僕にとって「 猫に小判 」にならないようにしたいですね。

| 魚絵師 | 2008/11/13 8:36 AM |

青島さんもいろいろあったんですよね。サイトを覗いたら、いつかと同じ笑顔が見られて嬉しかった〜。一所懸命、頑張ってる人の縁の不思議を感じます。
我が来し方を振り返り見れば、茫々たる焼け野原・・。焦りと苛立ちにまみれた52の年末です。

| goo~yamamoto | 2008/11/13 8:46 PM |

goo~yamamoto さま

久しぶりに青嶋君の声を聞けて、何かホッとしました。
彼の奥様やお子さんの話も出て、腰を落ちけて生きる場所を見つけたのかなって、、、、、。
そうですね。長い旅路の果てに安住の地を得ていたんた。
そんな風に感じました。
彼が活躍するのは、これからですね、きっと。

| 魚絵師 | 2008/11/15 9:06 AM |









http://blog.uchida-fish.jp/trackback/884358
<< 封印を解く!・・・・・サクラマス再び | main | 「 道 」について考える >>