SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

寒暖差の激しい川をどう釣るか?

2018.04.23 Monday

すでに狩野川に限ったことではなく、主に関東から西を流れる太平洋側の川は、ほとんど同じ様な条件下にあると推測している。

昨日、22日は日本の各地で今年最も高い気温を観測した。伊豆も全く同じで狩野川の水温は朝の15℃が、午後2時の時点で20℃近くまで上昇しているうえ水位は平水まで落ち、さらに早くも始まった田んぼのシロカキの影響で日中の流れは白く薄濁りとなっていた。

この日、入渓したのは午前10時をまわっていて、下流部の大門橋周辺から釣り上り、途中、カインズ裏の石碑土手の木漏れ日の下での休息を挟み、別行動の地元釣り友、Endo氏と頻繁に情報を交換しながら、午後は地ビール工場前の瀬まで釣り上ったが、二人とも全くのノーフィッシュ! それにしても魚影が薄すぎる、地元だから釣りに来ているけど、ハッキリ言って高速に乗ってまで遠方から訪れる価値はないし、今の狩野川には未来がない! 情けなくてもうため息しか出ない、、、、。

で、まあともかく魚の活性が上がる夕まずめの一時のみに集中することにし、陽も山陰に落ち涼しくなる時間帯が訪れるまで、車中でその時を待ったが、さてと、、、、ここで一つ対応しなければならないことが、それは狙ったポイントを一時でも早く落ち着かせるため、天敵の鵜を、あらかじめ追い払っておく必要があるのだ。てなわけで、「その時」が来るまで開高先生に習い一本の杭となって、一人静かに流れの前に立ち続けることになった。そう、前々回の釣行でおぼろげながらそのポイントでの魚の回遊パターンを掴みかけている様な気がするのだ。

トライ&エラー、、、、自虐的だとはいえ釣りは本当に面白い、そして飽きない。掴んだと思っていたものが、次のステージでは全く異なり通用しないことの方が多いい。そのうえ川原を歩き回りドッと疲れが溜まり、肉体も精神も腐敗し始めていたはずなのに、それ等は瞬時に霧散し、輝かしい一日の終わりを迎えることが極まれにある。だからこそ尚の事やっかいなのだ、、、、。

 

狙い通りの時間帯に、狙い通りのハウツーで、いやそれとも偶然に? ヒットした銀ピカのアマゴ27cm。

この場所、魚は間違いなく姿を見せてくれるはず、問題は狙い方、、、、。

 

| 日記 | 09:01 | comments(4) | trackbacks(0) |

37年の経過を得て、再びのシーラカンス イラストが完成 !

2018.04.18 Wednesday

インド洋の西側に位置するマダカスカル島の北に浮かぶ小さな群島「コモロ諸島」で、1981年12月31日、人類史上初めて日本の学術調査隊が「 生きた化石 」と言われていたシーラカンスの生け捕りに成功し、さらに水中遊泳の映像撮影にも成功したというニュースは当時、世界中を驚かせた。

その調査隊より、何と不肖内田がシーラカンス遊泳のイラストと、解剖図のイラスト、

2点の制作を依頼されたのだった。学術会議に呼び出され、生きたシーラカンスの映像を見せられた時は、身震いが止まらなかった事を今でも覚えている。

そう、結果的に世界中の作家の中で、内田が実物ライブ資料を基に正確なシーラカンスを描くチャンスを与えられた最初の人間という事になった。あれから37年もの年月が経過したのだ。

今回は調査隊ではなく全く別の処からの依頼だったが、シーラカンスイラスト制作の経緯を説明したところ、唯々、驚いていたのだった。今回は宇宙空間を遊泳するシーラカンスの背景に、インド洋のコモロ諸島が入るアングルの地球を描き入れた。

他の絵を描きながらだったので、完成まで長い時間を要してしまったが、上記の様な経緯を持つ小生に、何んの情報も有していないはずの人物が、偶然とは言えどうして依頼することが出来たのか? 不思議だとしか言いようがない、、、、。

 

額のサイズは95×75cmほど、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

地元Endoさん、大見川での一匹・・・・・・

2018.04.14 Saturday

やや肌寒いとはいえ、久しぶりに風もなく薄曇りの穏やかな朝だった。朝6時、水温は15℃、アマゴがいつ飛び出して来ても全く不思議ではない条件下ではあったが、小生の投げたミノーには何の反応もないまま2時間が経過、土曜日の絵画教室には朝10時になると生徒が集まって来るので、今日は早上がりし帰路に就いた。それにしても本当にアマゴの気配が薄い、、、、、と、そんなところにEndoさんから今朝の画像が送られて来たのだった。今夜、夜半から明け方まで、かなりまとまった降雨と強風の天候となる模様、明日の日曜日は釣りになならない、、、、。

 

アマゴは銀化していたり、朱点やパーマークが鮮やかだったり、個体によっていろいろだが、この魚は背の黒点がやけに大きい25cm。欠損のない綺麗な魚です。

| 日記 | 16:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | main | >>