SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

平成最後の丸沼解禁・・・・・・

2019.04.30 Tuesday

ことしも丸沼解禁を釣って来た。

行きの関越道高坂SAでの気温は我が目を疑いたくなる26℃。が、沼田で高速を降り吹き割の滝を過ぎたあたりから気温がどんどん下がっていく。で、丸沼湖岸に到着した時は何と10℃!、、、、。

それもそのはず、標高千四百メートルの湖周辺にはまだ雪も残り、ダケカンバの間から観え隠れする湖面の半分近くが凍結していたのだった。

 

翌朝、夜来の雨で湖を覆っていた氷は湖面三分の一程度まで融けていた。小雨降るなか解禁を迎えた丸沼、あいにくの天候だったが山上湖独特の冷気にあたりは荘厳な雰囲気を醸し出していた。そう、何度経験しても解禁日を迎える胸の高鳴りは消えることはない。

松川湖以来の釣り友杉山氏と、狩野川でアマゴを狙って以降、何年ぶりのかの釣行。まだ錆が取れていないけれど綺麗なニジがヒット。

今年も釣りジャーナリスト協議会の重鎮、森本氏のお誘いを受けての釣行。有難うございました!

環湖荘支配人、井上様と、、、、ニジマスのオリジナル原画とFish on Karatの

Tシャツを進呈。

狩野川のルアー&フライ遊漁について、長年にわたり相談に乗って頂いている森本様にはカラーのニジマスの原画を進呈

帰路立ち寄った片品川は、春の到来を告げる川幅いっぱいのユキシロに飲み込まれていた。今年も健康で巡り来た早春のフィールドに立つことが出来た。ただただ感謝だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) |

狩野川漁業協同組合に要望書

2019.04.23 Tuesday

ルアー&フライフィッシングの立場から狩野川漁業協同組合に対し、要望書を書かせて頂いた。

中身については多くの情報を精査し、本流遊漁期間延長の問題など、釣り人の立場に立った内容とした。「釣り人社」会長、鈴木康友氏も遠路東京から伊豆の我が家まで来てくれ中身を見て頂いた。

川はそこにかかわる人々すべてが、その恵みを等しく享受する権利があると同時に、狩野川漁協の皆様には、長い年月にわたり地域が育んで来た釣り文化を、より良いものとし、子や孫に引き渡す使命と責任があるのだと考えている。

 

 

| 日記 | 08:25 | comments(4) | trackbacks(0) |

低水位で推移の狩野川、アマゴの気配ほとんどなし!

2019.03.26 Tuesday

雨は降るべき時に降ってもらわないと困る。

低水位で解禁した今季の狩野川。

さらに今年は例年に比べ極端にアマゴの魚影が薄い。

と言うより魚の気配を感じない。

 

そう、魚どころか釣り人の姿もまばら、、、。

漁協の皆さん、これは狩野川の危機ではないでしょうか!

 

24日の日曜、地元Endoさんは厳しい条件下にも関わらず28cmをヒットさせた。ポイントは修善寺大橋下のプール、ミノー全盛の昨今だが彼はスプーンの釣りにこだわっている。そう、プールを狙う釣りなら低水位の影響をあまり受けない。

Endoさん曰く「内田さんの釣りは瀬に出ている魚をミノーで狙う釣りなので、暖かくなって魚の活性が上がらないと難しいのではないでしょうか?、、、」いやはや、ごもっともであります。

それどころか活性の上がる時期に入っても、まとまった雨も降らず、このまま低水位で推移したら瀬の釣り其のものが難しくなる。自然条件と言ってしまえばそれまでだが、今年の釣りは先が見えない、、、。

スプーンはチヌーク7gの金赤のシングルフック。修善寺大橋下の大プール、何処に立って何処をどう釣るかが問題、釣りは探求すればするだけ奥が深いのです。

 

 

| 日記 | 09:02 | comments(6) | trackbacks(0) |
<< | main | >>