SUSUMU UCHIDA 内田進の世界

伊豆の国からつれづれに

究極の魚好きへ、フィッシュオンカラット

超細密 魚イラスト複製画 限定販売!

ミノーイング全盛なのに、Endo さんの釣りはスプーンだ !!

2020.03.05 Thursday

数年まえ、狩野川の畔で地元ルアーマンEndoさんと偶然出会った。小生の方から、一緒に釣ってみようと誘い、それ以来の付き合いに、、、。

聞けば、なんと家は大見川の瀬音が聞こえるほど直ぐ近く。だから、川のコンディションは電話すれば直ぐに詳しく教えてもらえる、まるで実況中継だ。で、彼が伊東の我が家を訪ねて来た時、最近使っていないスプーンが沢山あるのだけれど、実はもう断捨離を考える年齢なので、もし良かったら使ってもらえないだろうか、、、、と言うと、にっこりとほほ笑んで、スプーンのほとんどを貰ってくれたのだった。

そう、その日からEndoさんは何とSpoonistになってしまった。勿論、ミノーイングもやるけれど、今や釣りのメインは完全にスプーン。そして目から鱗の釣果。今年も解禁日からグットコンディションの越年アマゴ28センチをキャッチし、ミノーメインの小生のプライドを、いきなり打ち砕いてくれたのだった! 

ミノーイング全盛の昨今だけれど、Endo さんの釣りは温故知新にとどまらず、アングラーたちに新たな啓示を与えてくれるに違いない、、、、。

 

Endoさんが昨年、狩野川で釣ったアマゴの一部、最大は牧ノ郷での33cm、全てスプーンでキャッチ。

 

 

 

| 日記 | 10:03 | comments(2) | - |

祝・2020狩野川解禁 !!

2020.03.01 Sunday

天候、晴れ微風、朝9時過ぎ本流の水温、何と摂氏13℃、今までの解禁で最も高い水温。これからどう推移するのか心配。実際に流れを前にして、川の様子が昨年の台風19号でかなり変わっていることに気づいた。

其れまで川底にたまっていた土砂が流され、まるで大掃除された様で、埋まっていた岩や石の形状までもが、はっきりと解る川床となってはいるものの余りにも綺麗な流れで、おそらく水生昆虫などの微生物まですべて流失してしまったと思われる。川の生物の生態系が循環する元の流れの様になるには少し時間が掛かりそうだ。大水が出ると必ず起こる現象を真のあたりにした感じだ。

とは言え、昨年の19号台風通過にも関わらず、今回確認した魚たちはどの個体もヒレの欠損もなく、過酷な環境を越年したと思われる綺麗なアマゴだった事が何よりも嬉しかった。

 

本流に合流する大見川、流れの景色が全く変わってしまった。

Endoさんの今年初めてのアマゴ28cm、本流牧ノ郷、右岸

東京、杉本さんのアマゴ24センチ、地ビール工場前の瀬。

最後は小生のチビ23センチ、やせて細い、丁重にリリース。

 

 

| 日記 | 20:51 | comments(3) | - |

2020 狩野川あと一週間で解禁

2020.02.23 Sunday

昨年秋の台風19号は関東周辺の一級河川に数えきれないくらいの氾濫を引き起こした。川は濁流となって水中の生態系を破壊してしまった。魚が棲んでいた元の流れに戻るのには、どれ位の時間が掛かるのだろうか、、、。

そう、狩野川も流れの筋が変わってしまうほどの大出水となったが、ありがたい事に放水路があるおかげで地域の人々の暮らしは守られた。他県の内水面の状況を考えれば、多少魚が流されてしまったとしても不満は言うまい。むしろダムが一基もない川で釣りが出来ることの有難さに感謝しよう。

そして、今年、染井吉野が開花する頃には、狩野川を愛するルアー&フライマンにとって、待ちに待った嬉しい知らせが届くだろうことを期待したいと思っているのだ。

 

大仁橋から見た上流、流れの筋がテトラのある右岸側から、国道のある左岸側に移動している。

本流左岸(市役所)から大見川合流点を覗くと、大見の流れは大見川左岸側に移り、右岸側の竹林はすべて流出し、ただの石川原となっている。


遠藤橋上流のアユのオトリ屋ヤマトの右岸は、出水で大きくえぐり取られ、駐車スペースが全て流出してしまった。かろうじて小屋が残っているのみ。右岸側は広川原となり流れは左岸に移った。

大見川、清美橋下流の「好鱗」周辺、堆積していた土砂が流され、埋まっていた川石が目立つ様になったが流れは変化なし、出水前より良くなった感じだ。


 

 

 

 

| 日記 | 15:21 | comments(4) | - |
<< | main | >>